映画をお得に観たいなら映画前売り鑑賞券を活用しよう!

2019/10/25

映画をお得に観たいなら映画前売り鑑賞券を活用しよう!-アイキャッチ

「劇場で映画を観よう」と思い立った時、映画館に直行している方は多いでしょう。しかし、映画前売り券を利用すれば、映画館で長蛇の列に並ぶ手間もなく、当日券よりお得に映画をみることができます。

『映画前売り鑑賞券』利用してますか?

映画をお得に観たいなら映画前売り鑑賞券を活用しよう!-h2
出典元: 123RF

『前売り』というくらいなので、かなり前から購入しておく必要があると思われがちな映画前売り券ですが、原則、作品公開日前日の23時59分まで購入することが可能です。前売り券を購入するときには、日時や座席を指定する必要がないので「まだ予定はわからないけど、とにかくこの先品は観る」という場合、さっと購入してしまうことをお勧めします。

映画鑑賞券のメリット

  • 通常より料金が安くなる
  • 座席指定がネットでできる
  • 前売り特典付きの鑑賞券もある
  •  

映画前売り鑑賞券を利用すると、通常の映画鑑賞料金よりも400円ほどお得に映画を観ることができます。また、映画鑑賞券の整理番号を元にWebサイトから座席を指定できるので、映画上映直前の座席指定の行列に並ぶ必要がありません。さらに、作品によっては『前売り特典』のグッズなどが用意されていることもあります。映画ファンに向けられて作られた特典は、なかなかクオリティが高く「欲しい!」と思うグッズであることがほとんどです。ぜひ、特典付きの前売りをチェックしてみることをお勧めします。

映画鑑賞券のデメリット

  • 前もって購入する必要がある
  • 払い戻しができない場合が多い
  •  

映画館に当日思い立ってふらり、と向かいたい方にとっては、前もって鑑賞券を買うのはわずらわしく感じるでしょう。また「絶対観る」と思って前売り券を購入しても、結局上映期間中に映画館に行けない、ということも起こる可能性があります。その場合、基本的には映画前売り券は払い戻しができないので、チケットを無駄にしかねません。前売り券を無駄にしないためには、金券ショップに売却したり、メルカリに出品してしまうことをお勧めします。特にメルカリなどのフリマアプリは、買い手がつきやすい傾向にありお勧めです。

安く映画を観るなら鑑賞券購入がおすすめ

払い戻しができないというデメリットはありますが、需要の高さから買い手がつきやすいことを考えると映画前売り鑑賞券の購入はお得な手段であると言えます。「では、前売り券を直前にフリマアプリで購入すればいいのでは」と思う方もいるでしょう。しかし、フリマアプリにおいて映画前売り鑑賞券の需要は非常に高く、正規の前売り価格より少し高めに出品されていることもあります。つまり、当日券と前売り券の間の金額で販売し、出品者に少し利益が出るように設定されているパターンです。売る分には有益ですが、フリマアプリでこういった出品を見極めつつ、お得に前売り券をゲットするのは手間がかかります。やはり、前売り鑑賞券の購入は正規ルートを利用するのがおすすめです。

完売したチケットを入手する方法について知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

映画鑑賞券には種類がある

映画をお得に観たいなら映画前売り鑑賞券を活用しよう!-h2
出典元: 123RF

『映画前売り鑑賞券』と一口に言っても、現在ではいくつか種類があります。まず、ひとつ目が昔ながらの縦長の紙タイプの鑑賞券です。10年ほど前までは、映画の券と言えばこれでした。現在でも作品によっては販売されていますが、減少傾向にあります。さらに、紙タイプの鑑賞券は『全国共通』『劇場指定』の2種類に分けられ、劇場指定の鑑賞券は決まった映画館でしか利用することができません。

近年主流の『ムビチケ』

映画をお得に観たいなら映画前売り鑑賞券を活用しよう!-h3
出典元:ムビチケ

近年登場した『ムビチケ』という前売り鑑賞券が、ここ数年は主流です。ムビチケは、キャッシュカードサイズの『ムビチケカード』、整理番号が印字されたレシートタイプの『ムビチケコンビニカード』、さらに整理番号をメールで受け取れる『ムビチケオンライン券』の3種類が存在します。いずれもネットで座席指定ができ、購入できる場所も様々で便利です。

ムビチケの詳しい利用方法は、公式ガイドを参考にしてください。

【公式】ムビチケガイド

映画前売り鑑賞券はどこで買える?

映画をお得に観たいなら映画前売り鑑賞券を活用しよう!-h2
出典元: 123RF

売り場によって様々な種類がある映画前売り鑑賞券ですが、どこでどの鑑賞券が買えるのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そこで、映画前売り鑑賞券の購入場所、券のタイプをまとめました。

映画館

多くの映画館では『ムビチケカード』と呼ばれるキャッシュカードサイズの鑑賞券が取り扱われています。このカードは座席指定後も手元に残すことができるので、映画鑑賞の思い出にもなります。
また、古くからある紙タイプの鑑賞券が取り扱われている劇場も稀にあります。紙タイプの鑑賞券の場合、販売している映画館の系列劇場でしか使用できない場合がほとんどなので、購入する際は注意しましょう。

ネット注文

ネットからの購入でもムビチケカードは購入可能です。さらに整理番号のみを受け取れる『ムビチケオンライン券』も、ネットから購入することができます。オンラインであれば、カードとともに整理番号を紛失することがなく安心です。
ただオンライン券の場合、前売り特典が付いていない場合があるので、特典に注目している方はカードタイプのムビチケから調べることをお勧めします。

コンビニ

コンビニでは『ムビチケコンビニ券』を購入することができます。購入方法は、コンビニに設置されているチケット購入端末で見たい映画を選択し、発券したレシートをレジにて清算すれば完了です。あとは、整理番号をもとに、ネットから日時と座席の指定をすれば、当日スムーズに映画を観ることができます。

【公式】ムビチケコンビニ券

映画鑑賞券の使い方

映画をお得に観たいなら映画前売り鑑賞券を活用しよう!-h2
出典元: 123RF

最後に、座席指定を前もって行える鑑賞券を使用した場合の、当日の流れを解説します。

購入した券を持って映画館へ

オンライン券の場合は整理番号がわかるメール、カードタイプの券であればカードそのものを持って映画館に行きます。重要なのは『整理番号』なので、わからなくならないように注意しましょう。
また、旧タイプの全国共通映画鑑賞券を利用する場合も、チケットは必ず持参するようにしましょう。

窓口・発券機で席を指定

すでに席指定をしている場合は無人の発券機に整理番号を入力して、入場券を発券できます。ここのスムーズさが映画前売り券の醍醐味といっても良いくらいでしょう。
旧タイプの鑑賞券の場合、窓口にて鑑賞券を提示すれば利用可能です。基本的にお金と同じような扱いをすれば大丈夫です。そのあと席指定をして入場券を受け取りましょう。

ムビチケ購入後の座席指定方法についてもっと詳しく知りたい方は、公式サイトを参考にしてください。

【公式】ムビチケ座席指定方法

記事内の情報は2019/10/22時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST