メルカリに初めての出品!基本の流れを解説

2019/11/08

メルカリに初めての出品!基本の流れを解説-アイキャッチ

「メルカリに出品してみたいけれど、初めてなので流れがわからない」と考えている方もいるでしょう。確かにメルカリには、他のフリマにはない独自ルールもあり、新たに始めるにはハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、一度流れを覚えてしまえば、メルカリ出品は案外簡単です。

メルカリ出品に必要なもの

メルカリに初めての出品!基本の流れを解説-h2
出典元:123RF

メルカリに出品する前に、用意しておくべきものを紹介します。併せて、売れる出品ページの作り方も解説していきます。

商品の写真

商品の写真は、購入希望者が一番に見る情報です。そのため、できる限り綺麗な写真を用意するのが望ましいと言えます。メルカリにおいての綺麗な写真とは、加工しすぎていない鮮明な写真のことです。商品の状態を伝えるのがいちばんの目的です。特に色味が実物に近い方が、購入者が安心する傾向にあるため意識するようにすると良いでしょう。

出典元:メルカリ

様々な角度から商品を撮影して、状態をわかりやすくすることで購入者は安心し、売れやすくなります。また、背景の色と商品の色は正反対の色を選ぶのが良いでしょう。小さなサムネイル画像でもわかりやすくなります。
また、情報は多い程良いため、できるだけ多くの枚数を投稿するように心がけましょう。下の参考画像のように、劣化しやすい場所や動作に影響する場所をアップで撮っておくのも効果的です。

メルカリに初めての出品!基本の流れを解説-h3
出典元:メルカリ

正式な商品名

メルカリで商品を探す際には、カテゴリから探す方法と、検索ワードを入力して探す方法があります。欲しい商品が具体的に決まっている人ほど検索ワードから商品を探す傾向にあります。そのため、商品の正式な販売名をタイトルに含めて、検索に引っかかりやすくするのが売れるためのコツです。

メルカリでの売れ筋商品についてもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

メルカリ出品の流れを解説

メルカリに初めての出品!基本の流れを解説-h2
出典元:123RF

続いて、メルカリに出品する際の基本的な流れを説明していきます。メルカリでは、出品のためのテンプレートも用意されているので、実際挑戦してみると意外と簡単に出品できます。

写真・商品コメントを追加する

商品の説明欄には、商品のサイズ、用途、状態など、購入者が知りたいと思うことを重点的に書くのが基本です。また、出品に至った理由も書いておくことで、まだ十分使えるものであることをアピールすることができます。
掲載する写真は、1枚目に投稿したものがアイキャッチの代わりになります。そのため、商品が魅力的に見える写真を1枚目にし、後に商品の状態がわかる拡大写真、複数の角度から撮った写真を追加するとよいでしょう。

カテゴリと商品の状態の選び方

メルカリでは、商品の状態を出品者の基準で選択するプロセスがあります。やはり、新品や未使用に近い状態のものが売れやすい傾向にありますが、実際届いたものと知らされていた状態が違っているとクレームになりかねません。評価を落としてしまう可能性があるので、商品の状態は正直に申告することをお勧めします。
商品カテゴリーは、商品の写真と商品名を登録するとメルカリが自動で提案してくれる場合があります。しかし、自動で提案されるカテゴリーが100%正しいとは限りません。適切なカテゴリを選ぶことで、検索されやすくなるためカテゴリー選択は慎重に行いましょう。もし出品ページの閲覧数が少ない場合は、編集画面からカテゴリーを変更してみるのもおすすめです。

配送料はどうしたらいい?

配送料の扱いには、2つのパターンがあります。ひとつは『出品者負担』で、商品の価格に配送料金を含める方法です。この場合、購入者は事前に出費を正確に把握できるため、比較検討がしやすく、売れる確率も高まります。
もうひとつが『購入者負担』での配送です。例えば、商品のサイズが大きくて、配送距離によって送料が大きく異なる場合や、前もって送料がわからない時などは購入者負担で出品するのがよいでしょう。この場合、商品の料金は配送料を含まずに設定する必要があります。

商品の価格を決める

フリマに慣れていない方は、出品したい商品の価格を決めるのが難しく感じるかもしれません。そんな時は、出品したい商品をメルカリ内で検索し、商品価格の相場を把握すると良いでしょう。特に、必要なくなったものを出品する場合、相場を知らずに安すぎる価格で出品してしまうこともあります。適正価格を知っていれば、損をすることなく取引できます。

出品の際の疑問は、メルカリ公式の質問掲示板『メルカリボックス』で解決するのもおすすめです。

【公式】メルカリボックス

商品が売れてからの流れ

メルカリに初めての出品!基本の流れを解説-h2
出典元:123RF

続いて、商品が売れてからの流れについて説明していきます。購入後のやりとりは、取引評価にかかわる大切な作業です。なるべくスムーズにおこなうようにしましょう。

取引メッセージを送る

購入後の取引メッセージは、どちらが先に送るという決まりがありません。トラブルを避けるためにも、購入に気づいた時点で『ご購入ありがとうございます』という挨拶をしておくのが無難です。また、発送日の目安が伝えられるようならメッセージで伝えると相手も安心するのでお勧めです。『取引のスムーズさ』とは、メッセージのやり取りが円滑にできたかが基準になる傾向にあります。こまめなやりとりが理想的です。

商品の梱包のポイント

梱包は、あまり分厚く行うと配送サイズが大きくなり、送料が高くなってしまいます。かといって、雑な包装もクレームのもとになるので注意が必要です。なるべく、エアパッキンなどの緩衝材を利用して破損しないように梱包しましょう。箱の大きさを商品に合わせたものにするのも、配送中に商品が動くことなくお勧めです。

発送する

メルカリの商品の発送方法は、出品者が決めることができますが、メルカリと提携しているサービスを利用すると発送作業が楽になります。メルカリの公式配送ナビを確認して、適切な発送方法を選ぶようにしましょう。

A4サイズ以内の場合

  • ネコポス
  • ゆうパケット
  • ゆうメール
  • レターパック
  • 普通郵便
  • クリックポスト
  •  

A4サイズ以上の場合

  • 宅急便コンパクト
  • 宅急便
  • ゆうパケットプラス
  • ゆうパック
  •  

大きな家具などは『家財便』『ラージ便』などを利用すると、比較的安く送れる場合があります。送料負担は意外と馬鹿にできない金額なので、きちんと比較検討することをお勧めします。

【メルカリ公式】配送ナビ

購入者を評価したら『取引完了』

相手からの受け取り評価を確認したら、こちらからも評価を送ります。お互いの評価が終了して初めて、取引完了、売り上げを受け取れるようになります。

公式のメルカリの使い方ガイドを熟読することもおすすめです。

【公式】メルカリガイド

記事内の情報は2019/10/28時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST