【在宅副業】Webライターになる方法は?未経験者向けに解説

2019/10/30

【在宅副業】Webライターになる方法は?未経験者向けに解説-アイキャッチ.jpg

タメになる情報を発信するお仕事『Webライター』は、今や女子中学生のなりたい職業ランキングで5位にランクインするほど人気な職業です。

とはいえ、Webライターが普及し始めたのは最近のことであり、Webライターとして生計を立てる方法が分からないという方もいます。

そこで当記事では、Webライターになる方法を未経験者向けに徹底解説していきます。在宅副業としての認知度も高まりつつあるため、隙間時間に稼ぎたい方、本業として稼いでいきたい方など、ぜひ参考にしてください。

未経験者向け!Webライターの仕事内容や必要なスキルとは?

未経験者向け!Webライターの仕事内容や必要なスキルとは?-アイキャッチ.jpg
出典元:写真AC

Webライターは、自由な働き方を実現できる現代とマッチした職業です。

まずはWebライターの具体的な仕事内容や求められるスキルなどを把握し、自分の適性に合った仕事であるか判断してみましょう。

Webライターの仕事内容

Webライターとは、ある情報を文章という形にしてWebサイト上にアップするお仕事です。

主に次の2パターンに分けられています。

  1. 会社に所属して自社メディアの記事執筆を行うWebライター
  2. フリーランスとして個人で仕事を請け負うWebライター

このように、Webライターの働き方はさまざまですが、普及し始めた理由として挙げられるのは『自由な働き方を実現できる』点でしょう。

好きな場所、好きな時間に仕事ができるのは、フリーランスWebライターなのです。

会社に属すことなく特定メディアの記事執筆に取り掛かるWebライターから、複数にわたるメディアの記事執筆を請け負うWebライターまで、とにかく幅広い傾向にあります。

Webライターに必要な資格やスキルは?

自由なライフスタイルを送ることができるWebライターですが、会社に勤めるケースorフリーランスのいづれにおいても、資格は必要ありません

ネット環境さえ整備されていれば、誰でもなれる職業なのです。

ちなみに、『Webライティング能力検定』や『Webライティング技能検定』などといったライターに関する資格は存在します。

ただ、メディアによって文章構成や書き方などの仕様が異なるため、Webライターというお仕事は資格よりも能力や実績が物を言う世界だと言えるでしょう。

Webライターに求められるスキル

Webライターに資格が必要ない代わりに、スキルが求められます。クライアントが求めるスキルは、主に次の2つです。

  1. 物事を正確に伝えられる文章力や表現力
  2. ユーザーの知りたいことを読み取るスキル

1つ目のスキルでは、自分が伝えるべき情報を、言葉や文章を用いて正しく表現することが大切です。

続いて2つ目についてですが、サイトの訪問者が持つ疑問を1サイトもしくは1ページで解決できることがWebサイトの本来あるべき姿です。

そのため、ユーザーが知りたい情報を的確に捉え、正確に伝えることが大切となります。

Webライターの単価

フリーランスのWebライターは、『文字単価』と『記事単価』のいづれかで報酬が支払われます

それぞれの違いを把握し、Webライターの求人を探す際の参考にしてください。

文字単価とは

『1文字〇円』のように、1文字あたりの金額×納品文字数で計算するのが文字単価です。

Webライター未経験者の単価相場は0.1円~0.5円ほど。スキルアップしていき、実績が認められるようになれば、自ずと高い単価で仕事を請け負うことができるようになります。

記事単価とは

納品文字数に関わらず、1記事あたりで報酬計算を行うのが記事単価です。

記事単価で仕事依頼を受けるのは、インタビュー記事などを請け負うプロが一般的です。

文章量が多い場合や、SEO対策が施された記事が求められる場合などにおいては、1記事あたり3万円~10万円代、PVが期待できる有名Webライターには100万円以上の記事単価で仕事を依頼するケースもあります。

このように実力社会でもあるWebライターですが、在宅ワークとしての認識を持つことが大切です。

在宅ワークと内職の違いが分からない方は、こちらの記事も参考にしてください。

Webライターの求人はどう探す?働き方は2種類!

Webライターの求人はどう探す?働き方は2種類!-h2.jpg
出典元:写真AC

冒頭でも解説した通り、Webライターの働き方は『会社勤め』もしくは『フリーランス』の2種類です。

それぞれ求人の探し方が異なるため、自分に合った働き方でWebライターの求人を探していきましょう。

①会社勤めのWebライター

会社勤めのWebライターは、面接を経て正社員として自社メディアのライター業を全うする働き方です。

文字単価や記事単価などは設けられておらず、基本給をベースに給料計算がなされることが一般的です。

自分で仕事を見つける必要がないため、未経験者でも安定した給料を受け取ることができます。

会社勤めのWebライターとして働きたい方は、リクナビNEXTやビズリーチなどといった求人サイトから求人を探すのがおすすめです。

おすすめの求人サイトを見つけたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

②在宅専業のWebライター

在宅専業のWebライターは、いわゆるフリーランスです。

クラウドソーシングサイトを利用し、自分で仕事を見つける働き方となります。仕事内容や報酬などは全て自分次第となるため、とにかく稼ぎたい方におすすめです。

フリーランスのWebライターは在宅ワークという見方ができます。メリットやデメリットを今のうちに把握しておきたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

Webライターはこんな人に向いている!

Webライターはこんな人に向いている!-h2.jpg
出典元:写真AC

Webライターの仕事内容や求人の探し方などといった実態を未経験者向けに解説しました。

Webライターは人に物事を伝えることが好きな人や、教えてあげることが好きな人に向いているお仕事です。

当記事をご覧になり、「自分にWebライターは向いていない…」と感じた方は、在宅ワークとしての認知度が高いデータ入力がおすすめです。

ぜひこちらの記事も参考にしてください。

記事内の情報は2019/10/28時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST