サイドビジネスで副収入!サラリーマンにおすすめ5選!

2019/11/11

サイドビジネスで副収入!サラリーマンにおすすめ5選

サイドビジネス、副業への関心が年々高まっています。

多くの企業で副業解禁が進んでいることが追い風となり、本業以外で稼ぐ手段を考えている人はかなり多いです。

しかし「どんな手段で稼げるか、自分に合ったものが分からない」とい人も多いです。

今回はサイドビジネスの種類、おすすめのサイドビジネス5つを紹介します。

サイドビジネスで収入&スキルアップを狙う!

サイドビジネスで副収入!サラリーマンにおすすめ5選
引用:PhotoAC

サイドビジネスとは

サイドビジネスとは、簡単にいえば本業の収入を補う副業のことをいいます。

本業よりも比較的収入が少なく、スキマ時間に稼げるものが多いです。

サイドビジネスをする人の多くは本業で足らない収入を補う目的で行っています。

「あと少し稼ぎがあれば贅沢できるな」と考える人は、ぜひ挑戦してみましょう。

サイドビジネスを将来的に本業にする人も一定数います。

サイドビジネスをしている人ってどれぐらいいる?

年々高まる副業への関心ですが、まだまだ実際に行う人の割合は低い傾向にあります。

パーソル総合研究所

出典:副業実施割合

パーソル総合研究所が行ったネット調査では、現在副業している人は10.9%と低くなっています。

一方で、副業への関心は高く、今後副業をしたい人は41%と多いです。

傾向として、すべての年代で女性の意欲が高く、若い人ほど関心も高くなっています。

これは、結婚、出産で正社員を続けられない女性特有の事情も関係しています。

しかし、男性の副業している人の割合もまだまだ少なく、今後参加する人は増える見込みです。

サイドビジネスの業種

サイドビジネスとして行える仕事は多種多様ですが、ここでは代表的なものを紹介します。

  • 株式投資・FX
  • せどり
  • アフィリエイト
  • 代行業務
  • 不動産運用
  • データ入力
  • 動画配信
  •  

行う人の資質や資産によって、当然適切かどうかも変わってきます。

例えば、投資や不動産運用はより大きい資産があれば運用効率や選択肢が増えるので有利と言えます。これらは人を選ぶサイドビジネスとされています。

逆に、せどり、データ入力などはほぼ資金不要で誰でもできる利点があります。

副業として稼ぎたいなら、自分がより確実に儲けられるものを選んでいきましょう。

サイドビジネスの収入

サイドビジネスの収入も、行う業種によってさまざまです。

傾向として、このように分けることができるでしょう。

比較的収入が少ない

  • データ入力
  • 代行業務
  •  

仕事をした分確実に稼げますが、作業分の収益のみ貰えるので収入は少な目です。

大きく稼げるがリスクが高い

  • 株式投資・FX
  • 不動産運用
  •  

投資は成功すれば大きく稼げます。一方で失敗した時のリスクも高いため、ハイリスクハイリターンといえます。

実力次第で高収益

  • アフィリエイト
  • せどり
  • 動画配信
  •  

主にネット媒体、メディアで稼ぎます。稼いでいる人と稼げない人の差が激しいです。

うまく狙いが成功したり実力があれば高収益が期待できます。初期投資が少な目なのもメリットといえるでしょう。

自分の稼ぎたい額や向いているものを考慮して選びましょう。

サイドビジネスのメリット・デメリット

メリット

  • 選べる業種が多い
  • 副収入を作れる
  • 業種によっては安定的、大きく稼げる
  • 得た知識、人脈などを本業に活かせる
  • 自由な時間で取り組める
  •  

自由に取り組んで、副収入にできるメリットがあります。

サイドビジネスで作った人脈や得た知識を本業に役立てることもできます。

デメリット

  • 本業ほど時間をかけられない
  • 稼げない業種もある
  • 本業に悪影響が出ることも
  • 業種によっては、自由な時間取り組めない
  •  

少ない時間で稼ぐならば、思ったよりも稼げない事が多いです。

もちろん、効率的に稼げるサイドビジネスは多いですが、副業に力を入れすぎて本業を疎かにしてしまったなんて悪影響もあります。

サラリーマンにおすすめのサイドビジネス5選

引用:PhotoAC

1位.自由な時間で不労所得!「アフィリエイト」

仕事内容

自身が運営するサイト、ブログへのアクセス数をもとに稼ぐ方法です。

広告や商品販売の成約数によって、収入が変動します。

サラリーマンでも自由な時間に取り組めて、大きく稼ぐチャンスがあるサイドビジネスとして人気です。

働かないで収入を得る仕組みを作れば、不労所得も夢ではありません。

初期費用・準備

アフィリエイトを始めるためには、各種サービスに申し込む必要があります。

自身の運営サイトはレンタルやブログサービスを使います。独自ドメインサイトを作る場合は、サーバーレンタル料として年数万円かかることもあります。

ASPなどアフィリエイトプログラムなども年会費がかかる場合があります。

しかし、ほとんどのサービスや手段をネット上で調達できるため、初期費用はあまりかからない傾向です。

収入・仕事の時間

収入はサイトの仕組みや狙いによって異なります。

ほとんどの人は月数千円しか稼げないことが多いです。一方で、一度稼げる仕組みを作れれば月収100万円稼ぐことも可能です。

仕事時間は初期ほど多くなり、毎日2時間の残業という認識で取り組む必要があります。

しかし、仕組みさえ作れば自動で収益を上げてくれるため、作業時間は減っていきます。

メリット・デメリット

メリット

  • 自由な時間で作業できる
  • 稼げる仕組みを作れば不労所得に
  • 高収益も可能
  • 初期費用があまり高くない
  • ネットビジネスのため、取り組みやすい
  •  

デメリット

  • 初期の作業時間が長い
  • 稼げる人とそうでない人の差が激しい
  • ライバルが多い
  •  

知識に自信がある人におすすめ!

パソコン、ネットの知識に強い人は稼ぎやすいサイドビジネスといえます。

競合、ライバルも多いため、稼げるようになるまでが大変です。

しかし、稼げるようになれば高収入を見込め、不労所得も作れます。

サラリーマンにとっては、腕試しで一発大きな挑戦と思って取り組むのも良いのではないでしょうか。

2位.得意を副業に!「アウトソーシング」

仕事内容

ネットや業者、知り合いの紹介で実際の作業に取り組み稼ぎます。

仲介業者や求人は多くあり、稼げる場所・サービスさえ見つければ継続的な収入が見込めます。

自分の得意分野や、新しく挑戦したい業種で実際に稼ぐことが可能です。

ランサーズ、クラウドワークスなど代表的なサイトを使えば求人に困りません。

クラウドワークス

初期費用・準備

初期費用はほとんどかからない事が多いです。

仲介サイト、業者、機関に自身の情報を登録し、仕事の受注を受けます。登録料を支払う場合もありますが、仕事斡旋のため支払う額はごくわずかです。

実際に仕事を行えるスキル、環境を整える準備が必要となります。

継続的に時間をかければ、月数万円~十万円の副収入になります。

収入・仕事の時間

実際に仕事の時間、成果に応じて報酬を受け取れます。

アウトソーシングの性質上、自分の本業よりも稼げないことも多いです。しかし、仕事内容などを選ぶことで、本業以上の時給や効率で稼げる可能性もあります。

自由に取り組めるアルバイト感覚として、本業のサポートとして考えるべきでしょう。

メリット・デメリット

メリット

  • 自由な時間で取り組める
  • 確実に仕事内容に応じた報酬
  • 初期費用がほとんどない
  •  

デメリット

  • 時間単位の報酬が少ないものが多い
  • 自分に合わない案件では稼げない
  •  

本業+αの収入を作りたい人におすすめ!

仕事を増やして、収入を増やしたい人におすすめです。

作業以上の収益は見込めないですが、安定して仕事に見合った報酬を受け取れます。

本業がどうしてもこれ以上できない、空いた時間で他で稼ぎたいという人に適した業種でしょう。

3位.安く仕入れて高く売ろう!「せどり」

仕事内容

商品を仕入れて販売しその差額を受け取ります。

Amazon、Yahoo!など大手物販サイトを使えば仕入れ・販売の負担や労力を抑えられます。

より安値で仕入れるほど収益も上がるため、目利きの能力が問われます。

初期費用・準備

物販サイトのプログラムに参加することで、初期費用かからず始められます。

もちろん、商品仕入れでは入荷する費用が発生します。また、在庫をどのように扱うかでも費用が変わってきます。

ドロップシッピングなら費用がかかりませんが、サービス負担や商品到着の遅さなどデメリットもあります。

仕入れ商品を在庫として保管する場合は、レンタル倉庫などの費用も必要となります。

収入・仕事の時間

収入は販売するものによって変わります。

その時の流行を敏感に感じ、より効率的に販売すれば高収益が期待できます。

仕入れ原価や運送費を抑えつつ、販売額を伸ばせるかが鍵です。

作業は固まった時間で行うのが効率的なので、休みの時間に仕入れ、販売を行う人が多いです。

数時間~数十時間かけて、数万円の収益を目指すイメージで取り組みましょう。

メリット・デメリット

メリット

  • 販売ルートが多い
  • 目利きで効率的な収入を作れる
  • 誰でも始められる
  • 他のネットビジネスへのステップアップが狙える
  •  

デメリット

  • 在庫を抱える負担
  • スキマ時間では取り組みにくい
  • ライバルも多い
  • 商品販売が不確実
  •  

商人スキルを持つ・高めたい人におすすめ!

より安く仕入れられるかが大事なため、商売が得意な人におすすめです。

流行や販売動向、販売場所をリサーチすることでより稼げるサイドビジネスといえるでしょう。

4位.配送で副収入!「配達パートナー」

仕事内容

主にUberEatsとの配達契約で稼ぎます。

専用アプリで連絡をとれば、仕事終わりの数時間で配達の仕事に取り組むことも可能です。

初期費用・準備

配達のために自転車、原付自動車の用意が必要です。

適した装備をつけていればどんな車種でも大丈夫なので、現在持っているものを使っても大丈夫です。新しく用意する場合は、数万円の準備費用がかかります。

他には専用アプリを稼働するスマホが必要です、こちらはいつも使っている機種でOKなので、初期費用を抑えることができます。

収入・仕事の時間

配達の仕事にアサインすれば1日数十分~数時間と自由に働けるのが魅力です。

収入は固定されておらず、能率に左右されるところが多いです。

経験談では、大体時給1,000円以上になるようです。

UberLIFE

メリット・デメリット

メリット

  • 自由に仕事を組める
  • 都内、配達圏内は仕事が豊富
  • 仕事のスキルアップを会社がフォロー
  • 地理に詳しいことで能率が上がる
  •  

デメリット

  • 参加できるエリアが限られる
  • 配達機材自分で用意する
  • 時給が保障されない
  •  

運送、配達に強い人におすすめ!

自転車・原付など軽いフットワークを使っての配達が得意な人におすすめです。

ほとんど仕事の単価が固定されているので、どれだけ効率よく配達できるかが重要となります。

実際の配達では4~50㎞の移動も行うため、ある程度の体力も必要です。

うまく自分の移動範囲とマッチできたら強みにできる業種といえるでしょう。

5位.困っている人をお助け!「仕事代行」

仕事内容

誰かの代わりに仕事を行い、報酬を受け取ります。

代行業務は広範にあり、家事、事務、運転代行などオーソドックスなもの、退職、恋人代行のようなユニークなものがあります。

初期費用・準備

斡旋サイトに登録しますが、費用負担はありません。

しかし、採用する方もより高度な技能を求めている傾向にあるため、行う代行業務に関わるスキルを身に付けいることが望ましいです。

例えば、家事代行は掃除や料理など家事全般のスキルが求められています。

収入・仕事の時間

収入は契約先との固定・時給制の場合が多いです。

業種にもよりますが、時給2,000円程度の収入が見込めます。もちろん、高度な代行業務ほど収入が高いです。

契約先と定時で働く時間を決める場合なら、副業として安定的な収入が見込めるでしょう。

メリット・デメリット

メリット

  • 安定して稼げる
  • 仕事内容が明確
  • 自由なリズムで作業できる
  • 拘束される時間が一定

デメリット

  • 一般的には収入が低い
  • 仕事を探すのが割と大変
  •  ジャンルによっては適正、特殊な訓練が必要

特定のジャンルに強い人におすすめ!

他の人ができない事を代わりに行うため、特殊なスキルを持っていると仕事に就きやすいです。

契約先、顧客との信頼関係もかなり重要で、自分を活かせるジャンルに出会えれば高収入のサイドビジネスに「化ける」ものといえるでしょう。

コチラ↓もぜひ参考にしてください。

記事の情報は2019/11/09時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST