サマージャンボ宝くじの仕組みを詳しく解説!ジャンボ宝くじで夢を掴め!

2019/10/09

サマージャンボ宝くじの仕組みを詳しく解説!ジャンボくじで夢を掴め!

公営くじの代名詞として、サマージャンボ宝くじは日本人になじみの深い存在です。

一方で、くじの仕組みや購入方法を詳しく知らない人も多いです。

今回は、くじの仕組みや当選確率、実際の購入方法や払い戻し方法をまとめました。

サマージャンボ宝くじとは

サマージャンボ宝くじの仕組みを詳しく解説!ジャンボくじで夢を掴め!
                  引用:PhotoAC

多くの人が当選を夢見るサマージャンボ宝くじ。

まずはその仕組みから説明します。

サマージャンボ宝くじの仕組み

サマージャンボ宝くじの販売開始は1979年。それまで販売されていた全国自治宝くじが年3回開催する事となり、その夏季販売分の名称として使われ始めました。

運営元は都道府県及び指定都市(全67団体)。銀行などが営業受託し、チケットの販売をしています。

宝くじの仕組み

販売収益は各地方自治体のさまざまな事業に割り当てられます。地方自治財源において重要な一部と言えますね。

キャリーオーバーとは

キャリーオーバーとは、前開催回から繰り越された配当金の事を言います。

日本の宝くじでは「ロト6」「toto」などで採用されています。

前回+今回分を合わせるため、高額当選金を獲得できるチャンスでもあります。

現在、キャリーオーバーはサマージャンボなどジャンボ宝くじでは適用されていません。

しかし、1等当選金の高さ、前後賞の存在により、他の宝くじに劣らない高額当選を実現しています。

サマージャンボとサマージャンボミニ

ジャンボ宝くじには同時販売されるくじが存在します。順番に紹介していきます。

サマージャンボ宝くじは2種類!

サマージャンボ宝くじは、サマージャンボミニというくじが同時販売されています。

当選金、当たりやすさに差が設けられています。後ほど詳しく解説します。

両者の過去三年間販売実績の一覧はコチラになります。

販売実績額 2017年 2018年 2019年
サマージャンボ 478億円 491億円 501億円
サマージャンボミニ 180億円 195億円 173億円

例年サマージャンボの方が売上で勝り、まさに夏の主役の宝くじと言えます。

当選金額・確率

くじの当選金、当選条件、本数、当選確率を一覧でまとめています。

  • サマージャンボ
等級 当選金額 本数 当選条件 当選確率
1等 5億円 20本 当該の2桁組+6桁番が同じ 1/1,000万
1等の前後賞 1億円 40本 一等と同組の前後番号 1/500万
1等の組違賞 10万円 1,980本 1等の組違い同番号 1/10万1,010
2等 1,000万円 40本 当該の2桁組+6桁番が同じ 1/500万
3等 100万円 600本 当該の組下1桁+6桁番が同じ 1/33万3,333
4等 10万円 1万2,000本 6桁番が同じ 1/1万6,667
5等 3,000円 200万本 下2桁版が同じ 1/100
6等 300円 2,000万本 下1桁版が同じ 1/10

  • サマージャンボミニ
等級 当選金額 本数 当選条件 当選確率
1等 3,000万円 40本 当該の2桁組+6桁番が同じ(5通り)   1/200万
1等の前後賞 1,000万円 80本 一等と同組の前後番号 1/100万
2等 100万円 160本 6桁番が同じ 1/5万
3等 10万円 1万6,000本 当該の下4桁番が同じ 1/5000
4等 1万円 8万本 当該の下3桁番が同じ 1/1,000
5等 3,000円 80万本 当該の下2桁番が同じ 1/100
6等 300円 8,00万本 下1桁番が同じ 1/10
夏祭り賞 2万円 2万4,000本 当該の下4桁が同じ 1/3,333

 

※当選確率は2019年販売本数から算出したおよその数値です。

くじの当否は、組と番の数字が一致しているかどうかです。

例えば、1等が12組123456番という結果だった場合、組も番もすべて同一ならば1等当選です。2等、3等もそれぞれ抽選で番号が決められ、すべての数字が同一ならば当選です。

サマージャンボは1等が高額・2等以下も当たりにくいという特徴があります。

サマージャンボミニは全般的に当選金額を抑える一方、当たりやすさも高いです。一等が5通り存在する点も、当選しやすいイメージを高めています。

サマージャンボはこんな人におすすめ!

サマージャンボの当選金は前後賞合わせて最高7億円。

こんな人におすすめです。

  • 一発当てたい(固定の1等賞金額が魅力的)
  • 日ごろギャンブルをしない人の、年一回のお祭り
  • 結果を発表まで待てる

サマージャンボは年1回、億万長者の夢を求める人におすすめです。

購入から発表まで、待っている時間を魅力に感じる人に向いています。

販売期間が一か月あるので、購入から発表まで比較的長い時間「当たったら何に使おうかな」と想像できます。当選金が高額だけに、夢を思い描く時間が一番楽しいです。

当選金が前後賞含めて当たったら問答無用で高額という点もおおきな魅力です。

似たように高額当選金が目玉である公営くじ「totoBIG」はキャリーオーバーで最高約10億円の配当実績がありますが、通常の当選金は3億円と抑え目です。

こちらは毎週抽選しているので、興奮を何度も味わいたい人に向いています。

↓ぜひ読みたいtotoBIGの解説記事。

サマージャンボ宝くじの買い方

実際の買い方や払い戻し方法です。自分に合ったサマージャンボ宝くじの買い方をしましょう。

2019年のサマージャンボ宝くじ発売日

サマージャンボ宝くじの仕組みを詳しく解説!ジャンボくじで夢を掴め!
                   引用:PhotoAC

サマージャンボ宝くじの販売、結果発表、払い出し期間のスケジュールをまとめました。

  • 販売期間:例年7月から8月の一か月(2019年は7月2日(火曜日) ~2019年8月2日(金曜日))
  • 結果発表:販売終了から約2週間後(2019年は8月14日(水曜日)
  • 払い戻し期間:払い戻し開始日から1年。

当選金が同等であるドリームジャンボ、年末ジャンボを合わせれば、年3回のビッグチャンス。販売期間や払い戻し期間は余裕のあるスケジュールですが、期限を過ぎないように注意しましょう。

購入場所・方法

ドリームジャンボは全国各地の宝くじ販売所・みずほ銀行支店での店頭購入や、ネット購入ができます。

店頭で購入できる場所は、検索サービスを利用すれば知ることができます。

宝くじ売り場 検索

ネットでの購入方法は、大きく分けて二つあります。

  1. 宝くじ公式サイトで購入。
  2. みずほ銀行のオンラインサービスで購入。

宝くじ公式サイトは誰でもアクセスして購入できます。

みずほ銀行での購入は、オンラインサービス「宝くじラッキーライン」もしくは「みずほダイレクト」を契約している方に限られます。

どの購入方法でも、1口300円から購入できます。少額から夢を買えますね。

買い方は簡単!連番かバラを選ぶだけ

くじを10枚1セットで購入する場合、方法は大別して2種類あるので紹介します。

連番

連番は、組が同じで番号が連続しているクジの購入を言います。

最もポピュラーなくじ購入方法になります。

例えば、売り場で「連番10枚購入します」と言えば下1桁が0~9番のくじ10枚を購入できます。

メリットとして、番号が連続しているため一等前後賞の当選に期待できる、必ず6等(300円)が当選する事などが挙げられます。

一方で、当選結果をすぐ分かってしまうデメリットもあるので、結果にドキドキしたい方には不向きです。

バラ

バラは、組も番号もバラバラなクジの購入を言います。

宝くじ初心者に比較的おすすめの購入方法です。

例えば、売り場で「バラ10枚購入します」と言えば、下1ケタの番号は連番と同じく0~9の各一枚ずつのこうじ10枚を購入できます。

この購入方法のメリットは、連番と同じく必ず6等(300円)が当たる他に、くじ番号を広い範囲から選べる点があります。数字を固めて選ぶ連番よりもさまざまな番号のくじを受け取れるので、当選してるかどうかのドキドキを最後まで味わう事ができます。

一方で、番号が連続しないので1等前後賞合わせた最高当選金(7億円)を得る可能性が0になる点は大きなデメリットと言えます。

連番とバラは、当たる確率に差はありません(抽選は無作為抽選のため)

自分に合った購入方法を選びましょう。

抽選日

抽選日は販売期間終了の約2週間後です。

当選番号の結果は各宝くじ売り場や、宝くじ公式サイト、みずほ銀行のHPで確認できます。

ドリームジャンボの抽選会は例年東京都内のホール(毎年変更)で開催され、現地で確認することもできます。

払い戻し方法

抽選日から数日後より、当選金払い戻しを行う事ができます。

各くじの日程により変わるので、購入の際にぜひ確認しましょう。

払い戻し期間は、支払い開始日から1年間です。

当選金額により受け取り方法が変わるので、払い戻しの際に公式ページで確認するようにしましょう。

公式サイト 当選金の受け取り方法

この記事の情報は2019/10/05時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST