ヤマダポイントってなに?お得な貯め方について徹底解説!

2019/10/18

ヤマダポイントってなに?お得な貯め方について徹底解説! キャプチャ

電化製品をお得に買い物しませんか?

そんな時はポイントをしっかり獲得してみましょう。

ヤマダポイントはしっかり利用すれば大変お得なサービスです。

今回は詳しい仕組み、メリットなど解説するので、ぜひ読んでくださいね。

ヤマダポイントってなに?【基礎編】

ヤマダポイントってなに?お得な貯め方について徹底解説!
                           引用:PhotoAC


ヤマダポイントはヤマダ電機が系列・提携店舗で買い物時に付与するポイントです。カード・モバイルアプリを買い物時などに提示することで、買い物金額に応じたポイントを受け取る事ができます。

ポイントは、1円=1Pで現金と同様に使う事ができます。ヤマダ電機や通販サイトヤマダウェブコムなどヤマダ系列サービスでも利用できます。提携サイト・サービスでも使えます。

提携サービス 一覧

また、通信サービスであるヤマダ ニューモバイルの利用にも連動し、毎月ヤマダポイントを貯める事もできます。

イメージとしては、楽天経済圏に近い展開を見せています。

楽天経済圏とは

つまり、ヤマダポイントを生活の軸にすればより毎日が便利になるという事です。ぜひお得に利用しましょう。

どうやって貯めるの?

ヤマダポイントってなに?お得な貯め方について徹底解説!
                               引用:PhotoAC

実際のヤマダポイントの貯め方を解説していきます。

ヤマダポイントの貯め方

ヤマダポイントは1円=1Pで利用できます。買い物のたびに貯まったポイントを、更に利用できるとても心強いサービスです。

また、現金支払いは特にに高還元率です。10%がポイント還元されます。高還元は家電業界ではそう珍しいものではありませんが、やはり額としては驚きの還元率ですね。

現金支払いで、ポイントはヤマダポイントカードに貯めることができます。

カードは入会費・年会費無料で作成可能です。買い物の心強い味方ですね。

ポイントマシーンで購入後チャンスポイントをもらう

ヤマダポイントは買い物以外の方法で貯める事もできます。

ユーザーにはお馴染みの、店舗備え付けのポイントマシーンでのポイント獲得です。かつては来店ポイントと言われていました。

昔は1日1回、来店するだけでポイントが貰える夢のマシーンでしたが、現在は買い物をした人対象に利用できます。

利用する時のルールは以下の通りです。

  • 1,000円以上の買い物で、計4回スロットを回せる権利が貰える
  • 持てる権利は最大4回までで、新たに買い物しても上限は増えない
  • スロットは1日1回利用可能。つまり、最大4日間無料で回せる

現在はこのような制度になっています。

十分にお得な還元サービスである事は間違いありませんね。

獲得ポイントは以下の通りです。

  • 1等2等…4,000ポイント
  • 3等…500ポイント
  • 4等…100ポイント
  • 5等…50ポイント
  • 6等…20ポイント

高額当選は中々出ませんが、無料で使えるサービスとしては大変魅力的です。

加えて、マシーンを回す事でポイントの有効期限が更新されるので、スロットを数か月に1回回すだけでポイント消滅を回避できます。工夫して使えばヤマダポイントを長く使えるメリットにもなりますね。

マシーン利用はケイタイde安心サービス利用者限定です。こちらも後で詳しく解説しますね。

現金払いで10%ポイントをもらう

ヤマダポイントは現金払いが還元率も高くてお得です。

現金払いの還元率は10%。嬉しい高さですね。

一方、クレジットカードなど他手段の還元率は8%と低くなっています。現金払いが一番利用しやすく、ポイント還元率も高い方法と言えます。

しかし、ヤマダポイントには現金払いよりもお得なポイント還元率を誇る方法が存在します。

それがヤマダLABI ANAカードです。還元率は最大10.5%で最も高いです。

次の項で詳しく解説しますね。

LABI ANAカードで10%ポイントをもらう

ヤマダLABI ANAカードは最大還元率である10.5%が商品購入時に受け取れます。

店舗購入なら更に1%のポイントが上乗せされ、計11.5%の還元を受けることができます。

通常のクレジット払いでは8%の還元しか受けられないのに対し、非常にお得と言えますね。

また、通常ポイントとは別に永久不滅ポイントも付与されます。支払い額の0.5%を有効期限のないポイントとして受け取る事が可能です。

                         引用:ヤマダLABI ANAカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードなら手数料が初年度無料、2年目以降も500円と格安で利用できるのでおすすめです。

お申込みはコチラ↓

ヤマダLABI ANAカード申込

ケイタイde安心サービスを使う

ヤマダはケイタイde安心サービスという得するサービスも展開中です。

このサービスでは、多くの便利な機能が利用できます。

以下が主なサービス内容です。

  • 商品の入荷連絡・購入履歴・電子保証書の確認ができる
  • 修理も申込や経過を確認できる
  • 誕生日クーポンやお買い得情報など、割引クーポンを受け取れる

更に、会員限定のコンテンツも利用できます。

                        引用:ケイタイde安心サービス

先に説明したポイントマシーンもケイタイde安心会員限定のサービスです。

ケイタイde安心サービスは入会費・年会費無料です。

他にもさまざまなお得な機能があるので、ぜひ活用しましょう。

ポイント提携先で貯める

ヤマダポイントは提携先との相互利用も可能です。

移行還元率など違いがあるので、以下の表にまとめてあります。

  レオパレス21 ソフトバンクカード サカイ引越しセンター コナカ 楽天Edy ANA
獲得     ポイント 契約時に10,000P カード支払い額の1% 引っ越し時に3,000P 100お買い上げごとに1P 200支払いごとに1P 各種支払い時
ポイント移行時の還元率 1P=1ヤマダP 1P=1ヤマダP(最低100Pから) 1P=1ヤマダP 1P=1ヤマダP 1P=1ヤマダP 10,000マイル=10,000ヤマダP(ヤマダPは4,000P=1,000マイルに交換可能)

 

ポイント移行時の還元率はほとんどの方法で1P=1ヤマダポイントです。ANAマイルだけは少し特殊で、マイルからヤマダPに交換する時は同等の扱いですが、逆の場合はヤマダポイントを多く必要になります。もったいないなと思う場合は、旅行に行った後に余ったマイルをヤマダポイントに交換する方法をおすすめします。

必要な時にヤマサポイントとの提携を加えて利用していけば、自然とポイントも貯まっていくでしょう。毎日の生活でお得なポイントとの付き合いを目指しましょう。

気になる他家電メーカーのポイントカード解説はコチラ↓

記事の情報は2019/10/13時点のものです

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST