辛い・だるい…それ育児ノイローゼの症状かも|出産後の不調に注意

2019/10/21

辛い・だるい…それ育児ノイローゼの症状かも|出産後の不調に注意-アイキャッチ

出産してほっとしたのもつかの間、心身に不調を感じたことはありませんか?
もしかしたら、それは育児ノイローゼが原因かもしれません。

名前を耳にしたことはあっても、詳しい症状や原因は知らないという方は要チェック。
育児ノイローゼになりやすい時期と人の特徴を紹介します。

育児ノイローゼとは

育児ノイローゼとは-h2
出典元:123RF

生まれたばかりの子どもはとても小さく、その様子をみて
「私が守ってあげなくては!」
と感じるお母さんも多いかと思います。

ところが、そうした気持ちとは裏腹になんだか気分が憂鬱になってしまう人も。
これは育児ノイローゼの症状のひとつです。

こうした症状が起きる原因としては、主に以下の要素が挙げられます。

  • 産後のホルモンバランスの乱れ
  • 育児によるストレス
  • 環境の変化によるストレス など

これらのうち、どれか1つが原因となるよりも複合的に原因となってしまうことが多いようです。

育児ノイローゼの発症時期

育児ノイローゼの発症時期-h2
出典元:123RF

育児ノイローゼを、産後うつと呼ぶ人もいます。
その名のとおり、産後に発症することが多い病気です。

何故産後に多いのかは、先ほど述べた原因に答えがありそうですね。

妊娠中の女性は妊娠を継続させるために、女性ホルモンの分泌量が普段よりも大きく異なります。
そして、いざ出産するとあとは普段通りに戻そうと急激にホルモンの分泌量が変化します。
これにより、産後2週間程度はホルモンバランスの乱れにより気分の浮き沈みが激しくなるのです。

ただし、こうしたホルモンバランスによる気分の変化は長くても1ヶ月程度で収まります。
それよりも経過しているのにどうにも気分が良くない、不安・焦燥感があるという場合。
これは育児や環境のストレスが原因で、育児ノイローゼになっていると考えた方が良いでしょう。
この場合には、産後から子どもを保育園や幼稚園に入れて育児が落ち着くまでの期間、育児ノイローゼの症状が続く場合があります。

育児ノイローゼの症状

育児ノイローゼの症状-h2
出典元:123RF

では、育児ノイローゼになると起こる可能性がある症状の一例を見ていきましょう。

気分が晴れない

なんだかいつもモヤモヤしていて、気分がスッキリと晴れない。
気分転換に出かけても億劫なだけで、すぐ疲れてしまう。

このように気分が沈んだ状態が続く場合は注意が必要です。

イライラしやすい

子どもがちょっとした失敗をしたときに、必要以上に起こってしまった経験はありませんか?
あるいは、普段気にならないような旦那さんの一言にイラっとしてしまったことはないでしょうか?

こうした、普段では気にもならない些細なことでもイライラしてしまう場合。
これも育児ノイローゼの症状の可能性があります。

思うように眠れない

子どもが生まれたばかりだと、夜泣きや夜間の授乳などにより眠るタイミングが掴みにくくなります。
夜泣きの長さは個人差がありますから、2歳になってもまだ夜泣きが続くという場合もあるでしょう。

こうなると、子どもが寝ている隙に自分も寝なくてはと考えますよね。
ところが、育児ノイローゼになると妙に覚醒してしまい寝たくても思うように眠れなくなってしまうことがあります。

こうした不眠症状が原因で、さらにストレスが貯まってしまう悪循環に陥ってしまう危険性もあるのです。

趣味やオシャレに興味がなくなる

子どもが生まれるまでは、趣味やオシャレなどを楽しんでいたという女性もいるでしょう。
しかし、子どもが生まれると自分にかける時間はどうしても少なくなってしまいます。

そんな日々でも、ときに趣味やオシャレができるタイミングを得ることもあるでしょう。
しかし、そんなタイミングを得たにも関わらず趣味やオシャレをする気にならない。
昔のように興味が持てない、という場合は育児ノイローゼによる無気力が原因かもしれません。

頭の働きが鈍く感じる

家事をしていても、育児をしていてもなんだかぼうっとしてしまう。
考え事をしているはずなのに、考えがうまくまとまらない。
頭の中に霞がかかっているような気分になる。

こうした症状は、睡眠不足や疲労が原因かもしれません。
この症状が長く続き、日常生活の中でもぼうっとする時間が増えていくとなると育児ノイローゼの可能性が高くなります。

育児ノイローゼになりやすい人

 育児ノイローゼになりやすい人1-h2
出典元:123RF

ご紹介した症状を読んで、
「当てはまっているかもしれない……」
と心配になった方もいるかもしれません。

では、いったいどのような人が育児ノイローゼになりやすいのでしょうか?
以下にまとめましたので、ご覧ください。

  • 人付き合いが苦手
  • 人に頼ることが苦手
  • 真面目
  • 頑固な面がある
  • ストレスの発散が苦手

ただし上記は一例であり、症状に悩む方でも上記に合わないと感じる方もいるでしょう。
もしも症状にお悩みであれば、下記のページを参考にストレスの発散を図りましょう。

育児ノイローゼだと思ったら

育児ノイローゼだと思ったら-h2
出典元:123RF

もしも自分だけで育児ノイローゼの解消が難しいと感じたら、専門家の手を借りましょう。

育児ノイローゼになる方は人に頼るのが苦手で真面目という特徴を持つ方が多い傾向にあります。
専門家に相談するのを躊躇してしまう方もいるでしょう。

しかし、育児ノイローゼは放っておくと自分自身を傷つけるだけでなく、大切な子どもにも悪影響を与えてしまう危険性があります。
自殺や無理心中、虐待など悲しくなるような事件があとを絶ちません。

そうなる前に、勇気を出して相談をしてみましょう。
外に出るのが億劫という方や、誰かに病院に行くのを見られたくないという方は下記のサイトがおすすめです。

厚生労働省|電話相談

記事内の情報は2019/10/15時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST