【メルカリ】評価・コメントのアレコレを徹底調査

2019/10/31

【メルカリ】評価・コメントのアレコレを徹底調査-アイキャッチ

10代20代を中心に人気のフリマアプリ『メルカリ』ですが、評価やコメントが気になるという方が続出中。

評価やコメントの付け方がわからない、トラブルになって困ってしまった、どうやって書けば良いのかわからなくてちょっと面倒……。
そんな気になるメルカリ評価・コメントのアレコレについて、今回は詳しくご紹介します。

メルカリの評価・コメントを調査してみた

メルカリの評価・コメントを調査してみた-h2
出典元:123RF

2018年7月に出品数の累計が10億品を超えたフリマアプリ、メルカリ
これだけの出品数を誇るということは、それだけ利用者が多いと言い換えることもできます。

商品の取引の数と同じだけ、あるいはそれ以上行われるのがメルカリ内での評価・コメントです。
評価もコメントも出品者、購入者の双方に与えられた権利であり義務でもあります。

しかし、権利や義務といわれても実際に評価やコメントをするとなると、どうやって書いたら良いのかわからないとお悩みの方も多いでしょう。
ではいったい評価・コメントはどのように付ければ良いのか、その意義から例文まで順を追って解説していきます。

メルカリ利用時のチェックポイントともなりますが、思わぬトラブルの原因となることもある評価・コメントについてしっかりと学んでいきましょう。

メルカリの評価・コメントの付け方

メルカリの評価・コメントの付け方-h2
出典元:123RF

まずは、商品購入前後の評価・コメントの付け方からご説明します。

商品購入前のコメント

商品の購入前にコメントを入れてもらえるよう、商品紹介のページに記載している出品者の方も多くいます。

商品ページの下にスクロールするとコメントの記入欄があるので、そちらにコメントを入力しましょう。

こうしたコメントは強制ではありませんが、一度挨拶をしておき以降の取引をスムーズに進めるためという考えから希望している方も多いようです。
とくに、商品に関する質問や確認事項がある場合には出品者にコメントにて問い合わせておくことでトラブルのリスクを下げることができるでしょう。

商品購入後の評価・コメント

購入した商品に関するコメントも、ページの下部にあるコメント欄に記入できます。
多数の取引を同時進行していてわからなくなってしまった場合は、『購入した商品一覧』から探してみましょう。

商品を受け取った後は、実際に取引した結果の評価をつけます。
出品者は購入者の、購入者は出品者の対応が良かったかどうか、満足のいく取引ができたかどうかを評価しましょう。

評価時にも、コメントをつけることができます。
滞りなく取引が終わればお礼の言葉をつけて評価を入れると、より丁寧ですね。
もしも気になる点や今後取引を行う際の希望等がある場合には、その旨をコメントしておくと受け取り側の参考になるかもしれません。

【Q&A】メルカリの評価・コメントで多い質問

【Q&A】メルカリの評価・コメントで多い質問-h2
出典元:123RF

メルカリを使い慣れていない時には、評価やコメントで疑問を感じたり困ったりすることもあるでしょう。
以下に、メルカリの掲示板『メルカリボックス』でもよく聞かれる評価・コメントに関するQ&Aをまとめました。

メルカリ初心者の方はもちろん、以前評価・コメントで困った経験をしたことがあるという方もぜひご一読ください。

評価・コメントを忘れてしまった

評価は商品を受け取った際に購入者側が行い、その評価をもって取引終了となります。
ところが、商品を受け取ってほっと一息ついてうっかり評価してしまうのを忘れてしまう方が後を絶ちません。

わざとではないにしろ、評価が入らないと出品者側は
「商品が届いてないのかな?」
「なにか問題があったのかな?」
と不安になってしまうので、評価は忘れずに行いましょう。

また、評価時にひとことコメントをつけておくと双方気持ちよく取引を終了することができますよ。
ちなみに、評価時にコメントをし忘れた場合。
取引終了をしてから2週間が経過すると取引ページが削除され、相手にコメントが送れなくなってしまうので注意しましょう。

評価コメントでトラブルになった

メルカリの相談として、評価やコメントが原因でトラブルが起きたというものも少なくありません。

オンライン上ですべてやり取りができるのはメリットですが、その反面デメリットも存在します。
それは、文字だけのやり取りなので相手の顔が見えず、意図した内容とは異なった解釈で相手に伝わってしまう可能性があること。
普段以上に言葉遣いには気をつけ、なるべく柔らかい表現を意識するなどの工夫をすると良いでしょう。

メルカリではなるべくトラブルが起きないよう、取引ルールとマナーについて公式サイトで詳しく説明しています。
メルカリ初心者の方やトラブルの経験がある方は、一度こちらも読んでおきましょう。
万が一トラブルが起きて両者の間では解決しそうにない場合には、事務局に連絡をして間に入ってもらうと安心ですよ。

メルカリ|取引ルールとマナー

コメントの投稿ができない

前述のとおり、取引が終了してから2週間が経過するとコメントの投稿ができなくなります。
取引終了後のコメントができない、という場合には終了から何日経ったかを確認してみましょう。

取引終了後2週間経っていない場合や、標品購入前の段階でコメントができない場合には以下の理由が考えられます。

  • サイト(アプリ)の不具合
  • 通信環境が悪い
  • 出品者からブロックされている
  • 事務局により規制されている

これらに心当たりがない場合には、メルカリの事務局に問い合わせてみましょう。

評価・コメントの書き方とポイント

評価・コメントの書き方とポイント-h2
出典元:フリー写真素材【写真AC】

評価・コメントを書く時には、以下の点に注意すると不要なトラブルを起こしにくくなります。
これからメルカリでの取引を考えている方は、頭の片隅に入れておきましょう。

丁寧な言葉で伝える

他者とのやり取りをする際の基本中の基本は、丁寧な言葉遣いです。
相手は友人ではなく他人であることを意識して、初めての取引相手とは敬語で話すようにしましょう。

また、顏文字や感嘆符の多用はコメントが読みづらくなる原因となります。
伝えたいことは丁寧かつ端的にすると、スムーズなやり取りができますよ。

できるだけ迅速に送る

商品についての質問コメントをしたあとで、出品者から返答があった場合にはなるべく早くお礼のコメントを返しましょう。
出品者としては、コメントがないと返信を読んだのかどうか心配になってしまいます。

また、商品受取り後の評価とコメントもできるだけ早く行いましょう。
なぜなら、受け取った後の評価をすることにより取引が完了となるためです。
評価を忘れて期限切れまで放っておくと、出品者側はメルカリの事務局へ自動評価をしてもらわなければなりません。

出品者側が購入者から評価されずに困った、という話はメルカリ内でもよく聞くトラブルです。
自分がそのトラブルの原因とならぬよう、気をつけましょう。

通知設定を確認する

出品者側は、購入希望者からコメントがいつ入るかわかりません。
活動時間は人によって異なるので、深夜に問い合わせをする方もいるでしょう。

寝ているときに通知が来て起こされて困る、という方はスマホの通知設定あるいは音量設定を変更しておくと簡単に対処できますよ。
また、端末によっては夜間のみ通知を制限できるナイトモードなどもあるので確認してみてくださいね。

文章の長さに注意する

メルカリ内のコメントは、長すぎないことがポイントとなります。
とくに商品の取引が始まる前は、複数の購入希望者から出品者にコメントが寄せられる可能性が。
あまりにも長いコメントが多数の人から送られてくると、出品者はそれらを読むだけで疲れてしまいます。

丁寧なコメントを心がけようとするあまり、過剰な敬語にならないこと。
副詞や感動詞などの余計な情報は除き、丁寧で短く、趣旨がわかりやすい文章を心がけましょう。

評価・コメントの例文

評価・コメントの例文-h2
出典元:フリー写真素材【写真AC】

ここまでに紹介した評価・コメントのコツとポイントを踏まえて、実際にメルカリ内でコメントをする場合の例文を考えてみます。
ケースに合わせた例文を掲載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

商品の質問をする場合

出品されている商品について、質問があった場合の例文です。
今回は、出品されていたのがTシャツだった場合を例にしてみましょう。

購入者の例文

「はじめまして、こちらの商品についてお伺いしたいことがあります。
 Tシャツのサイズですが、肩幅は何cmでしょうか?
 お手数ですがご返信のほどよろしくお願いいたします」

出品者の例文

「(購入者名)様
 お問い合わせありがとうございます。
 肩幅のサイズは46.5cmとなっております。
 よろしくお願いいたします」

値下げ交渉をする場合

メルカリでは提示された価格よりも値下げをしてほしい、と交渉する方が多いようです。
基本的には提示価格での購入が好ましいのですが、双方が納得すれば値下げを行為自体は違反ではありません。

購入者の例文

「はじめまして、商品の価格についてご相談です。
 今ご提示されている価格よりも、100円値下げをしていただくことは可能でしょうか?
 ご検討のほどよろしくお願いいたします」

出品者の例文

【値下げ可能の場合】

「価格の件についてですが、値下げ対応可能です。
 ご購入を決定されているようであれば、ご希望の価格(現在価格より100円値下げ)に変更いたしますのでご連絡ください。
 よろしくお願いいたします」

【少額なら値下げ可能の場合】

「価格の件についてですが、50円までなら値下げ対応可能です。
 ご検討のほどよろしくお願いいたします」

【値下げ不可の場合】

「お問い合わせありがとうございます。
  申し訳ございませんが、お値下げは不可とさせていただいております。
 ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」

商品を購入した場合

気になる商品が見つかり、購入手続きを行った場合にはひとことコメントを送っておくと丁寧です。
出品者側も、購入者からの連絡の有無に関わらずコメントを送っておくと印象よく取引ができるでしょう。

購入者の例文

【入金前の場合】

「はじめまして、商品の購入をさせていただいた(購入者名)と申します。
 明日〇〇時ごろ、コンビニ支払いにて購入額をお支払いいたします。
 何卒よろしくお願いいたします」

【入金後の場合】

「はじめまして、商品の購入をさせていただいた(購入者名)と申します。
 購入額の入金を致しましたので、ご確認いただけましたら発送の手配をお願いいたします。
 それでは、短い間ですがよろしくお願いいたします」

出品者の例文

【入金前の場合】

「このたびは、商品をご購入いただきましてありがとうございます。
 ご入金確認後、発送の手配を致しますので何卒よろしくお願いいたします」

【入金後の場合】

「このたびは、商品をご購入いただきましてありがとうございます。
 ただいま発送の手配をしております。
 明日(〇月〇日)には発送いたしますので、少々お待ちください。
 発送が完了しましたら再度ご連絡さしあげます」

商品を受け取った場合

商品が無事手元に届いたときには、購入者よりお礼のコメントをいれておきましょう。
そうすることで、出品者側も無事に届いたことが分かります。

購入者の場合

「本日商品を受け取りました。
 梱包、商品ともに問題なくキレイな状態で届き、大変嬉しく思っております。
 また、ご丁寧に対応いただき、スムーズにお取引することができました。
 今後も機会がありましたら、よろしくお願いいたします」

出品者の場合

【商品到着の連絡があった場合】

「商品到着のご連絡をいただきまして、ありがとうございます。
 丁寧にご対応いただき、大変スムーズにお取引を進めることができました。
 また機会がございましたら、よろしくお願いいたします」

【連絡はないが配達完了になっていた場合】

「先日は商品のご購入をいただきまして、誠にありがとうございました。
 商品はお手元に無事届きましたでしょうか?
 問題なくお受け取りいただけていれば、大変お手数ですが受取り評価のお手続きをしていただければと思います。
 もしも何か気になる点がございましたら、その旨ご連絡ください。
 (〇月〇日〇時以降は取引が自動的に終了となり連絡不可となってしまうため、ご注意ください)
 お忙しいなか大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」

トラブルに注意してメルカリを正しく使おう

トラブルに注意してメルカリを正しく使おう-h2
出典元:フリー写真素材【写真AC】

メルカリは年齢、性別、性格の異なった人々が集まっています。
そのため、悪気がないのにトラブルが起きてしまうこともあれば、悪意があってトラブルを起こそうとする人に当たってしまう人もあります。

前者は自分の心がけ次第でトラブルを回避できるので、今回ご紹介した内容も踏まえて誠実な対応を心がけましょう。
また、コメント以外に商品の梱包がトラブルの原因となることもあります。
これを防ぐためには、きちんとした梱包方法を学ぶことが大切です。

下記のページではメルカリで出品した商品が売れた場合の梱包方法について紹介しているので、ぜひこちらもご覧ください。

記事内の情報は2019/10/30時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST