メルカリで円滑な取引をするにはメッセージスキルが不可欠

2019/11/29

メルカリで円滑な取引をするにはメッセージスキルが不可欠

メルカリはユーザー同士がやり取りをするフリマアプリです。取引をする際には、メッセージのやり取りが不可欠。そんな中で重要視されるのが、メッセージの礼儀など、メッセージスキルです。良い取引相手と思ってもらうには、相手が良い気持ちになるメッセージを心掛けなくてはいけません。

取引メッセージとは?

出典元:PhotoAC

取引メッセージは、購入手続きのために出品者と購入者の間でやりとりをする仕組みです。

もちろん出品者と購入者以外の人から見られることはありません。

取引メッセージを通じて、取引方法や発送連絡など、細かい連絡をとっていきます。

取引終了後、最後のメッセージから2週間以上経過した場合、取引メッセージを利用することはできません。

そのため、あくまで取引最中のみのやり取りになります。

メッセージはどんな内容のやり取りをするのか?

出典元:PhotoAC

取引の流れさえ理解していれば、特にメッセージのやり取りはしなくても良いと考える人もいるでしょう。

しかし取引相手とのコミュニケーションはとても大事です。

いつ発送するか、いつ支払いしたかなど細かい連絡を取り合うにも便利に使えます。

顔が見えない取引は誰でも最初は不安ですが、細かい連絡を取り合うことで、お互いの不安が解消されるでしょう。

またその中でどんな特にどんな内容が大事か解説します。

挨拶

まず最初にしておくべきなのが、挨拶です。

購入完了後に一度お互いに挨拶をしておきましょう。

  • 出品者→「ご購入ありがとうございます」
  • 購入者→「購入させて頂きました。よろしくお願いします」
  •  

最初は簡単な挨拶だけで構いません。

挨拶することで、こまめに連絡がとれる取引相手と感じさせることもできます。

どちらから先に送らなければいけない、という決まりはありませんが、基本的には購入者が送る方が良いです。

発送予定日や支払予定日の確認

絶対に連絡しておかなければいけないのは、発送予定日や支払い予定日に関してです。

なにも言わずに発送してしまうと、購入者が受け取れない場合もあるので、しっかり伝えておきましょう。

また支払い予定日を伝えておかなければ、出品者は不安になってしまいます。お

互いに不安のない安心できる取引をするために、発送予定日と支払い予定日の連絡は必須です。

発送完了連絡

出品者側は発送したら発送完了連絡をしておきましょう。

発送予定日を伝えて、そのままなにも言わずに発送ではなく、実際にいつ発送したか伝えておくと、購入者は安心して受け取れます。

お礼

無事に取引が終わった後は、お互いにお礼のメッセージを送りましょう。

お礼メッセージを一言送るだけで、次の取引にも繋がります。

購入者側は、商品を受け取った時点で、無事に商品を受け取った旨と一緒にお礼を伝えましょう。

出品者側は、購入者の受取連絡が来たらお礼を伝えてください。

「スムーズな取引をして頂きありがとうございます」と一言程度で構いません。もちろん評価コメントも忘れずに入れてください

メルカリ出品者が使えるメッセージ参考例

出典元:PhotoAC

メッセージのやり取りをする中で、どのように連絡して良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。

下手に返してしまうと、悪い印象を与えかねません。

そこでまずは出品者側が使えるメッセージの参考例を解説します。取引相手とのやり取りで困った場合に参考にしてください。

値下げに関するメッセージ

値下げは正式にはメッセージではなく、コメントですが、覚えておいて損はありません。

値下げコメントに応じる場合は良いですが、断る時はどのように断って良いのか悩んでしまうでしょう。

応じる場合と断る場合の2つの例を解説します。

値下げに応じる場合

  1. 「コメントありがとうございます。ご希望の金額で大丈夫です。金額修正いたしますので購入よろしくお願いいたします。」
  2. 「コメントありがとうございます。〇〇円まででしたら値下げ可能です。いかがでしょうか」
  3.  

値下げを断る場合

  • コメントありがとうございます。大変申し訳ございませんが、値下げは出来兼ねます。現状価格でご検討ください。
  •  

値下げに応じる場合も、断る場合も、商品に興味持ってもらえたこと、コメントをしてくれたことに感謝するのがポイントです。

商品を購入してもらった時

購入が確定したら、まず先に購入してくれたことへの感謝を伝えましょう。

  • 「この度はご購入ありがとうございます。入金確認後、発送いたしますのでしばらくお待ちください。取引完了まで短い間ですがよろしくお願いいたします。」
  •  

ここが初のメッセージとなるので、挨拶は必ずしてください。

この挨拶1通あるかないかだけで、相手からの印象が変わります。

商品購入後支払いがされていない時

商品購入後、すぐに支払いがされたならばお礼のメッセージを送って終わりで良いです。

ただなかなか支払いされない場合、トラブルにも繋がりやすいので、メッセージの内容はとても重要。

また支払いされない場合にはいくつかのパターンがあるので、パターン別に紹介します。

支払い期限が過ぎてしまった場合

  • 「購入いただいた商品の支払期限が過ぎております。申し訳ございませんが、お支払い予定を確認させていただいてよろしいでしょうか。」
  •  

支払いが遅れると連絡が来た場合

  • 「ご連絡ありがとうございます。〇日まででしたらお待ちします。〇日以降になった場合、申し訳ありませんが、キャンセルさせて頂きます。ご了承ください。」
  •  

なかなか支払いしてもらえないと、つい怒ってしまいたくなりますが、怒りたい気持ちを抑えて文章を作りましょう。

商品を発送した時

支払いを確認できたら、発送連絡をしましょう。

発送方法に追跡番号がある場合は、忘れずに追跡番号を伝えてください。

  • 「先日お伝えしていた通り、本日〇〇便で発送させていただきました。追跡番号は〇〇〇〇です。」
  •  

プラスして「無事受け取れましたらご連絡頂けると幸いです」とつけておいても良いでしょう。

購入者を評価する時

購入者が無事に商品を受け取れたことがわかったら、評価をする旨のメッセージを送りましょう。

  • 「この度はスムーズな取引ありがとうございました。良い取引相手様ということで評価コメントも入力させて頂きます。短い間でしたがありがとうございます。」
  •  

評価コメントを送る前に、一言メッセージで伝えておくと良いです。もちろんメッセージ後に、評価コメントを忘れないようにしてください。

メルカリ購入者が使えるメッセージ参考例

出典元:PhotoAC

今度は出品者側が使えるメッセージ参考例を紹介します。

購入して一番最初のメッセージから、支払い期限が厳しい時のメッセージまで、いざという時に参考にしてください。

商品を購入した後のメッセージ

商品を購入した後はまずは挨拶メッセージです。

  • 「商品を購入させていただきました。短い間ですがよろしくお願いいたします。」
  •  

支払い方法が振込などの場合は、挨拶につけくわえて支払い予定日も伝えておきましょう。

  • 「支払いですが、〇日を予定しております。お待たせして申し訳ありませんが、支払い完了後ご連絡いたします。」
  •  

挨拶のメッセージを送って返信が来た後に、支払いに関する内容を送っても良いでしょう。

期限までに支払えなかった場合のメッセージ

もしも支払い期限日までに支払いができなそうな場合は、支払いが遅れるとわかった時点で連絡しておきましょう。

  • 「大変申し訳ありません。期限までにお支払いが出来ませんでした。(支お支払いが間に合わなそうです)ぜひ購入したいと思っているので、可能でしたら〇日までお待ちいただくことはできますか?大変勝手なお願いをして申し訳ありません。」
  •  

謝罪の言葉を入れておくこと、購入したい意思があることを伝えるのがポイントです。

商品を発送通知がきた時のメッセージ

発送連絡が来ると、商品が到着するまで待つだけになってしまう人もいますが、一度連絡を入れておきましょう。

  • 「お忙しい中発送ありがとうございます。商品の到着楽しみに待っています」
  •  

もしなにかしらの事情があって、商品の受け取りが遅くなった場合も連絡を入れた方が良いです。

  • 「予定が合わず、商品を受け取ることができず、まだ商品の確認ができていません。〇日には受け取れますので、受け取り次第ご連絡致します。」
  •  

出品者も、購入者が無事受け取れるまで不安な気持ちなので、一言で良いので連絡してあげましょう。

商品を受け取った後のメッセージ

商品を無事受け取れたらお礼のメッセージを送ります。

  • 「本日無事に商品を受け取りました。この度は迅速かつ丁寧な対応してくださりありがとうございます。評価コメントの方もさせて頂きます。また機会がありましたらよろしくお願いします。」
  •  

取引メッセージを使う上での重要ポイント

出典元:PhotoAC

いくつかの参考例を紹介しましたが、参考例はそのまま使わずに、オリジナルな文章にするように心がけてください。

メッセージに入れておくべきポイントさえ抑えておけば、失礼なメッセージにはなりません。

メッセージにはどんな情報が必要なのか?また印象が良くなるメッセージのポイントを解説します。

大事な情報は必ず入れる

まず大事なのは業務的な連絡です。

絶対に入れておくべき情報は3つ。

  • 発送日
  • 支払日
  • 受け取り連絡
  •  

この3つに関しては、取引に重要な情報です。

最低限の情報は必ず送りましょう。

相手のテンションに合わせる

メッセージは相手のテンションに合わせてあげると、やり取りしやすいです。

例えば、情報を淡々と送ってくる相手のに顔文字などを使って返信すると、失礼な人だと思われてしまいます。

反対に顔文字を使ってくる相手ならば、こちら側も顔文字を使って返信し、割とフレンドリーなやり取りをしても良いでしょう。

礼儀を大事にする

なによりも大事なのは礼儀です。礼儀がなっていないと、取引後に悪い評価をつけられることがあります。

どんなにフレンドリーなやり取りのできる相手でも、「ありがとう」や「申し訳ありません」など、礼儀を忘れてはいけません。

メッセージする際の疑問

メッセージに関する疑問をいくつか集めました。取引メッセージをする際には、以下の点に気を付けてください。

取引メッセージの使用期間

取引メッセージの使用期間は、受け取り評価が終了した日から2週間です。

2週間経過した後は、連絡をとりあうことはできません。

受け取り評価終了後に、なにかしらの不備があった場合は、2週間以内に連絡しましょう。

メッセージを送る時間帯

取引メッセージはあくまで個人間のやり取りなので、特に送ってはいけない時間はありません。

しかし基本的にスマホで利用している人がほとんどなので、非常識な時間帯の連絡は避けた方が良いです。

夜の21:00あたりまでなら非常識と思われることはないでしょう。

ただ仕事によっては夜中の方が連絡しやすい場合もあるので、挨拶の段階で連絡しやすい時間帯を聞いておくのも良いです。

メッセージで住所や名前を聞かれた場合

メルカリでは、個人情報を教えることは禁止としていませんが、もし聞かれたら特別な場合でなければ教える必要はありません。

特別な場合というのは、匿名配送ができなくなった場合です。

その場合は住所を教えて、直接送ってもらいましょう。

どうしても匿名配送にしてほしいならば、一度出品者と相談してください。

顔の見えない取引だからこそメッセージが重要

出典元:PhotoAC

メルカリは気軽にやり取りのできるフリマアプリです。

しかし気軽に使えるからといって、礼儀を無視して良いというわけではありません。

お互いが気持ちいい取引ができるように、挨拶や礼儀は徹底してください。

初めての利用の場合、相手に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

そんな時も挨拶や礼儀などがしっかりしていれば、気を悪くする人は少ないです。

顔の見えない取引だからこそ、相手に気を遣い、スムーズな取引を心掛けてください。

メルカリガイド

記事内の情報は2019/11/25時点のものです

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST