メルカリポイントとは?ポイントの使い方は?

2019/11/29

メルカリポイントとは?ポイントの使い方は?

メルカリを利用していくと、メルカリポイントというポイントが貯まっていきます。このポイントはどのように貯めることができるのか?どのように利用する事ができるのか?メルカリをよく利用する人は、メルカリポイントのことを知っておかないと損してしまいます。よりお得にメルカリを利用しましょう。

メルカリポイントは1P=1円

出典元:PhotoAC

メルカリポイントは1ポイント1円として利用することができます。

メルカリを多く利用する人にとっては、1円分のポイントはかなり貴重です。

ポイントを利用して、メルカリ内の商品を安く購入できるのであれば使わない手はありません。

しかしメルカリポイントに関して、知らない人も多くいます。せっかくのポイントも、使い方や貯め方を知らなければ意味がありません。

またポイントはそのまま放置しておくと消滅してしまうので、使わないでいるのは損です。

どのように使うのか、またポイントの有効期限なども詳しく解説します。

メルカリポイントの確認方法

出典元:PUTTO

まずは自分のメルカリポイントがどれだけあるのか確認しておきましょう。

ポイントの確認方法は簡単です。

メルカリアプリ内の「メルペイ」を開けば、ページ上部に表示されます。

また「ポイント履歴」をタップすると、過去に獲得したポイントや使ったポイントも確認可能です。

さらに「有効期限」をクリックすると、有効期限を確認できます。

ポイントを利用したい際には、まずここからポイント数を確認しましょう。

またこまめに有効期限も確認してください。有効期限が過ぎると、ポイントは消滅してしまいます。

メルカリポイントの使い方

出典元:PhotoAC

メルカリポイントがあれば、使わなければもったいないです。

しかしメルカリポイントの存在すら知らなかったなら、使い方もわからないでしょう。

メルカリポイントの使い方は大きく分けて3つあります。

  • メルカリ内の買い物で使う
  • メルペイに変えて使う
  • Suicaにチャージして使う
  •  

メルカリ内のポイントなので、メルカリで使えるのは当然です。

ただ他の使い方もあるので、そちらも参考にしてみてください。

メルカリ内の買い物で使う

メルカリの買い物で使う方法は簡単です。

商品購入時「ポイントを使用する」にチェックを入れるだけで使用できます。

少しでも安く商品を購入したい際には、ポイントがあると便利です。

ポイントが沢山あれば、全額ポイントで購入することも可能。

反対にポイントが全額分なければ、ポイント分安くすることができます。

よくメルカリで買い物をする人は、ポイントがあればあるほどお得です。こまめに自分のもってるポイントを確認して、欲しい商品を安く購入しましょう。

メルペイに変えて使う

メルカリには、電子マネーのメルペイがありますが、メルカリポイントをメルペイで使うことも可能です。

メルペイとして使うには2つの設定が必須。

  • お支払い用銀行口座登録
  • アプリで簡単本人確認
  •  

この2点が確認できていないと、メルペイとして使うことはできません。

Suicaにチャージして使う

実はメルカリポイントは、Suicaにチャージして使うこともできます。

ただSuicaにチャージする方法は少し面倒です。

  1. まずメルペイを使い、ApplePayを使えるようにします。
  2. メルペイで電子マネーカードを作るのが完了したら、Suicaのアプリを開きます。
  3. 登録したメルペイの電子マネーカードが選べるので「メルペイ電子マネー」を選択
  4. Touch IDやFace IDで支払い手続き
  5. ポイントから先に使われるので結果的にポイントがSuicaへチャージされる
  6.  

以上がSuicaにチャージする方法です。

  • モバイルSuica
  • メルペイ
  • ApplePay
  •  

など、用意しておくものが多いので、難しく感じてしまいますが、実際にやってみると意外と簡単にできます。

メルカリポイントの貯め方

出典元:PhotoAC

お得に利用できるのであれば、メルカリポイントがあればあるほど良いです。

ただどのようにしてポイントを貯めるのか?わからない人もいるでしょう。

実はメルカリポイントはお金を払わずに貯めることができるのです。

負担なくポイントが貯められ、1ポイント1円で使えればそれ程お得なことはないでしょう。

しかもSuicaへチャージできるのであれば、絶対に貯めた方が良いです。

メルカリポイントを貯めるのに、メルカリを多く利用しなければいけないということもありません。

お得な情報をチェックしていれば、メルカリをそこまで利用していなくてもしっかりとポイントは貯まっていきます。

キャンペーンで貯める

メルカリではポイントを付与してくれるキャンペーンを随時行っています。

例えば「メルペイスマート払いをはじめると1,000ポイントプレゼント」。

こちらのキャンペーンは、「メルペイスマート払い」の設定をして、翌月の10日までに「メルペイスマート払い」で決済をすると1,000ポイントもらえるというキャンペーンです。

キャンペーン詳細

他にもお得なのは「すすメルペイキャンペーン」。

こちらのキャンペーンは期間中にメルペイに登録すると1,000ポイントもらえるというキャンペーンでした。

すすメルペイキャンペーン

更に友達を招待すると、友達を招待した分×1,000ポイントもらえるというとても太っ腹なキャンペーンです。

このようにメルカリでは、キャンペーンでポイントを付与しているので、常にお知らせをチェックしておくようにしましょう。

友達招待で貯める

上記のように、友達を招待した数×1,000ポイントというキャンペーンもありますが、特にキャンペーンを行っていない期間でも、メルカリに友達を招待すると300ポイント付与されます。

メルカリには招待コードがあるので、その招待コードから友達に登録してもらうだけです。

招待コードはマイページの「招待してポイントGET」から確認できます。

友達や家族に協力してもらい、招待コードから登録してもらってポイントを貯めても良いでしょう。

もし招待した相手がすぐにメルカリを退会したり、アプリを削除しても、ポイントが消滅することはありません。

売上金で購入する

ポイントは売上金から購入することも可能です。

売上金で購入する方法

  1. 購入手続きへ
  2. 売上金の使用
  3. 売上金でポイントを購入
  4.  

以上でポイント購入完了です。

ただし購入したポイントは売上金へ戻すことができないので、ポイント購入する前によく考えておきましょう。

また購入したポイントの有効期限は365日です。1年以内にポイントを使わないのであれば、購入する必要はありません。

メルカリポイントの注意点

出典元:PhotoAC

メルカリポイントはとてもお得に使えるので、貯めておいて損はありません。

ただメルカリポイントを使う上で注意しなければいけないことがあります。

メルカリポイントを貯めたり、購入したりするのは良いですが、どんなことにも使えるわけではありません。

  • メルカリポイントではできないこと
  • メルカリポイントを使う上での注意点
  •  

この2点に関しても知っておきましょう。

現金化はできない

出典元:PUTTO

メルカリポイントを現金に換えて使うことができればとてもお得です。

しかし残念ながらメルカリポイントを現金化することはできません。

Suicaにチャージして電子マネーとして利用することは可能です。

ここで一番気を付けたいのが、売上金でポイントを購入する場合。

売上金は現金に換えることも可能、しかし売上金でポイントを購入してしまっては現金に換えることはできません。

更に売上金でポイントを購入してしまうと、ポイントから売上金に戻すことは不可。

現金として使いたい人は、売上金のままにしておく方が良いかもしれません。ポイントにしてしまうと有効期限もあるため、無駄になってしまう可能性が高いです。

有効期限内に使う

ポイントは必ず有効期限内に使うようにしましょう。

購入した場合のポイントの有効期限は365日ですが、キャンペーンなどで付与されたポイントは180日です。

有効期限を過ぎてしまうと、ポイントは消滅し、戻ってくることはありません。売上金で購入した場合、せっかくの売上金が0になってしまうので、購入する場合は特に気を付けましょう。

キャンペーンの場合も、せっかく手に入れたポイントなので、そのままポイントを消滅させてしまうのはもったいないです。

メルカリ内取引だけではなく、メルペイやSuicaにチャージすることも可能なので、有効期限内に上手くポイントを使いましょう。

売上金以外での購入は不可

ポイントは購入することもできますが、購入できるのは売上金だけです。

現金やクレジットカードではポイントを購入することはできません。そもそも現金やクレジットカードを、あえてポイントにする意味がないでしょう。

売上金は現金にするべき?ポイントにするべき?

出典元:PhotoAC

上記で売上金に関しても触れましたが、ここで売上金のことも簡単に解説しておきます。

売上金はポイント購入にもあてられますし、現金に換えることも可能です。

メルカリユーザーにとって、どちらにするべきか悩みどころでしょう。

どちらの方がメリットがあるのか、またデメリットがあるのかなど解説します。

ただ単純にメルカリをよく利用するという人にとっては、メルカリポイントとして使った方がお得でしょう。あまりメルカリを利用しないのであれば、現金にしてしまった方が良いです。

メルカリポイントから、メルペイで利用したり、Suicaにチャージすることはできますが、あえて売上金からポイントに変えて他で使うのは二度手間になってしまいます。

現金にすると手数料がとられる

売上金を現金にする場合は、手数料がかかってしまいます。

  • 通常振込200円
  • お急ぎ振込400円
  •  

2019年4月23日までは、1万円以上ならば振込手数料はかかりませんでしたが、2019年4月23日以降、振込申請が改定され、1万円以上でも振込手数料がかかるようになってしまいました。

売上金の振込申請は201円以上の売上金から可能ですが、振込手数料を考えると400円以上の売上金がなければいけません。

せっかくの売上金から200円引かれてしまうのはとても痛いマイナスです。手数料がとられてしまうのは大きなデメリットでしょう。

購入が多い場合はポイント使用が得

メルカリ内で商品を購入することが多いならば、断然ポイントに換えて使う方がお得です。

売上金をポイントに換えるのは手数料がかからないため、そのまま使えます。

上記でも解説しているように現金に換えてしまうと、安くても振込手数料として200円。ポイントとして200円分安く購入できるのであれば、確実にポイントとして利用する方がお得です。

ただ購入ではなく、出品が多い場合はポイントの使い道がないので現金に換えた方が良いでしょう。

売上金に有効期限はありませんが、そのまま余らせておくのは一番もったいないです。振込手数料分はマイナスになってしまいますが、現金にした方が使い道があります。

メルカリポイントの上手な使い方

出典元:PhotoAC

メルカリポイントの使い方は、まず上記で解説した3つがあります。

  • メルカリで買い物
  • メルペイとして使う
  • Suicaにチャージ
  •  

ただこの他にも上手な使い方ができます。

メルカリポイントを上手く使えば、ほぼ現金のように使うことも可能。

ポイントをそこまで多く持っていない場合でも使えるテクニックなので、参考にしてください。

せっかくのポイントを余らせないためにも知っておくと役に立ちます。

金券購入して現金化

メルカリにはさまざまなチケットが販売されています。その中には金券やお食事券などもあるので、ポイントで購入しましょう。

お食事券など、金券はそのまま金券ショップにもっていけば現金化可能です。

ただメルカリで販売されている金券は割と高い値段になっている場合もあるので、注意してください。

ポイントがキャンペーンなどで付与されたもので、特に使い道がないのであれば、現金化する方法の一つの手段として、購入しても良いかもしれません。

また金券は100円単位のものはほとんどないので、せめて1,000ポイント程は必要になってしまうでしょう。

切手を買って送料に充てる

例えば友達招待の場合300ポイント手に入ります。しかし300ポイントでは、なかなか使い道がありません。

メルカリで買い物するとしても、300円では欲しいものも見つからないでしょう。

購入したいものが多い人の場合は、300ポイントで安くすることもできますが、出品が多い場合300ポイントは余らせてしまいがちです。

そんな時におすすめなのが、300ポイントで切手を購入する方法。切手ならば300ポイントで購入可能ですし、出品物が売れた場合に送料として充てられます。

メルカリで出品を多くしている人ならわかりますが、送料だけでもバカにならない金額です。

送料込み出品にしてしまうと、利益も低くなってしまいますし、多少なりとも高い金額で出品しなければいけません。そこをポイントでカバーできるのは出品者としてはありがたいでしょう。

また送料だけではなく、出品物を贈る際の箱やメッセージカードの購入にあてても良いです。

メルカリポイントを上手く使おう

出典元:PhotoAC

メルカリポイントは、意外と上手く使っている人が少なく、そのまま余らせてしまう人が多いです。

知らないうちに有効期限が来てしまい、消滅してしまったという人もいるでしょう。キャンペーンなど無料でポイントをゲットした場合は、消滅しても諦めてしまう人がほとんどです。

しかしメルカリポイントにはこんなにも活用方法があります。このお得なポイントを使わない手はありません。少しでもお得にメルカリを利用するのであれば、ポイントに関しても詳しく調べておきましょう。

記事内の情報は2019/11/25時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST