ANAマイレージカードで上手にマイルを貯めてみよう

2019/12/30

ANAマイレージカードで上手にマイルを貯めてみよう-アイキャッチ

飛行機を利用して旅行をする際、必ず必要になるのが航空券です。

この航空券ですが、自分で取得する人の多くは、ANAやJALなど利用する航空会社のマイレージクラブなどを介して直接予約するでしょう。

そもそも、航空券が取得できるマイレージクラブとは一体何のことかご存知でしょうか。

そこで今回は、マイレージクラブについて疑問を感じている人にもわかりやすいように、数ある航空会社の中でもANAマイレージカードやマイルにスポットを当て、紹介したいと思います。

ANAマイレージカードとはどんなカードなのか

ANAマイレージカードとはどんなカードなのか-h2
出典元:PhotoAC

TポイントやRポイントなどさままざまなポイントシステムのサービスについて耳にすることが増えています。

このポイントシステムのサービスは、もちろん航空会社でも提供しています。

現在日本には、ANAやJALなど国内便・国際便双方で、たくさんの航空会社が存在します。

これらの航空会社では、利用するお客様によりよりサービスを提供するため、マイレージカードやマイレージクラブなどのサービスを提供しています。

このマイレージクラブこそが、航空会社が提供しているポイントシステムのサービスなのです。

そもそもマイル・マイレージとは一体何?

テレビや雑誌などでマイレージやマイルなどの言葉をよく耳にするかと思います。

そもそも、このマイレージやマイルとはどういったもので、どのような違いがあるのでしょうか。

ここではわかりやすいように楽天のRポイントと比較して表で紹介しましょう。

社名 ポイントシステム名 ポイント名 カード名
楽天 楽天ポイントクラブ Rポイント 楽天ポイントカード
ANA ANAマイレージクラブ   マイル ANAマイレージクラブカード

 

となります。

よりわかりやすく説明すると、マイレージはシステムの名称でマイルはポイントの名称となるのです。

よって、マイルやマイレージと聞いてもそんなに難しいものではなく、単なるポイントの読み方の違いだけということなのです。

ANAマイレージクラブについて

マイレージとマイルの違いについては、これで理解していただけたでしょうか。

それでは次に、ANAマイレージクラブについて紹介しましょう。

ANAマイレージクラブとは、先に紹介したようにANAのポイントシステムのことを指します。

ANAマイレージクラブに入会すると、メンバーになった証明としてANAマイレージカードが発行されます。

これは、いわゆるメンバーズカードで、このカードには登録している人の会員番号などが記載されています。

ANAの飛行機を利用した場合、利用した距離や料金などによってマイルが発行され、ANAマイレージカードにマイルが加算されます。

このマイル数を確認する際、ANAマイレージカードに記載されている情報をもとに、ANAマイレージクラブにて貯まったマイルを確認する事ができるのです。

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージカードのメリットとデメリット

ANAマイレージカードのメリットとデメリット-h2
出典元:PhotoAC

先に説明したように、ANAマイレージクラブに入会するとANAマイレージカードが発行されます。

もし、これからANAマイレージクラブに入会しANAマイレージカードを取得した場合、気になるのがNAマイレージカードメリットやデメリットでしょう。

そこで、ここではANAマイレージカードを取得した場合どのようなメリットやデメリットが考えられるのか紹介しましょう。

ANAマイレージカードのメリット

まずは、ANAマイレージカードのメリットについて紹介しましょう。

ANAマイレージカードを作成した場合考えられるメリットとしては

  • 入会費や年会費が無料
  • クレジット機能付きならカードの利用に応じてマイルが貯まる
  • 貯まったマイルは航空券などに交換できる
  •  

などです。

カードの利用などに応じてマイルが貯まるので、貯まったマイルを利用してさらにお得に買い物を楽しめるということが最大のメリットといえるでしょう。

ANAマイレージカードのデメリット

次はデメリットについて紹介しましょう。

ANAマイレージカードを作成した場合、考えられるデメリットは以下です。

  • カードの種類によってはボーナスマイルが獲得できない
  • マイルに移行ができないポイントがある
  • JALのマイルとは一緒に利用できない
  •  

などです。同じANAマイレージカードでも、クレジット機能が付加されたカードなどの種類によっては、カード作成時に付加されるボーナスマイルが違ってきます。

また、多くのポイントカードでは、ポイントをマイルに移行できますが、これも、ポイントの種類によってはマイルへ移行できなものもあるので注意しましょう。

ANAマイレージカードでどんなことができるのか

ANAマイレージカードでどんなことができるのか-h2
出典元:PhotoAC

ANAマイレージカードのメリット・デメリットを理解できたところで今度は、ANAマイレージカードでどんなことができるのかということについてついて紹介しましょう。

ANAマイレージカードでは主に

  1. マイルでANAの航空券が購入できる
  2. 提携しているお店の利用でマイルが獲得できる
  3. マイル以外のポイントに移行できる
  4.  

このような利用方法があります。それでは、これらの利用方法についてさらに詳しく解説しましょう。

マイルでANAの航空券が購入できる

まずは、マイルでANAの航空券がお得に購入できることです。

ANAマイレージカードで貯まったマイルは、次回のフライトの航空券に交換することができます。

時期によっては、マイレージクラブメンバー向けのお得な航空券を提供するキャンペーンを開催していることがあります。

一般では入手できないものもあるので、ぜひメンバーになってこまめにチェックしておきましょう。

提携しているお店の利用でマイルが獲得できる

次は、提携しているお店の利用でマイルが獲得できることです。

ANAマイレージクラブのサイトを利用し、ページ内に掲載されているホテルやお店の予約をするとマイルを獲得することができます。

獲得マイルは、ページ内に記載されているので、申込前にどれくらいのマイルが獲得できるか確認できます。

また、クレジット機能付きのカードなら、支払いをカードで行うことで支払いを行った料金に合わせたマイルも獲得できます。

カードの種類によって、獲得できるマイルは違いますが、使い方次第ではかなりのマイルが獲得できるので、ぜひ利用しましょう。

マイル以外のポイントに移行できる

最後は、マイル以外のポイントに移行できることです。

貯めたマイルは、楽天のRポイントやTポイントなどANAマイレージクラブ提携しているポイントプログラムへ移行することができます。

これらのポイントプログラムに移行することで、さまざまな所で買い物などが楽しめるのでとてもおすすめです。

ANAマイレージカードで上手にマイルを貯める方法

ANAマイレージカードで上手にマイルを貯める方法-h2
出典元:PhotoAC

ANAマイレージカードでは、さまざまなことを楽しむことができますが、より楽しむなら上手にマイルを貯めることが大切です。

そこでここでは、ANAマイレージカードをさらに楽しんで使うためのマイルの上手な貯め方をご紹介します。

ANAマイレージクラブのサイト内で予約をする

マイルを上手に貯めるなら、1番のポイントとなるのはANAマイレージクラブのサイト内で予約をすることです。

ホテルなどを予約する場合、直接予約を入れるのではなく、ANAマイレージクラブを介して予約することでマイルが獲得できるので、積極的に利用しましょう。

クレジット機能を利用し買い物をする

2番目のポイントは、クレジット機能を利用し買い物をすることです。

先にも少し説明しましたが、クレジット機能付きのカードならカードでの支払いに合わせたマイルが獲得できます。

獲得マイルもかなり多いので、効率よくマイルを貯めたい人は、ぜひカードを利用しましょう。

ただし、ANAマイレージカードにはクレジット機能が付加されていないものもあるので、事前に確認しておく必要があります。

ANAマイレージカードにポイントを移行する

3番目のポイントは、ANAマイレージカードにポイントを移行することです。

先ほど、マイルをポイントプログラムに移行することについて説明しましたが、その逆の利用も可能です。

TポイントやRポイントなどのポイントは、マイルへ移行することも可能です。

このポイント移行を上手に利用することで、マイルをさらに貯めることができます。

ANAマイレージカードの種類とおすすめのカード3種

ANAマイレージカードの種類とおすすめのカード3種-h2
出典元:PhotoAC

ANAマイレージカードはさまざまなことが楽しめるためとても魅力的です。

これからカードを作成したいと感じた人もいるでしょう。

そこでここでは、おすすめのANAマイレージカードを3種類ご紹介したいと思います。

おすすめカード.1 ANA JCBカード ZERO

ひとつめは、ANA JCBカード ZEROです。このカードの主な特典などは以下となります。

カード詳細 内容
年会費 無料
入会金 無料
クレジット機能 18歳~29歳まで利用可能
その他特典 フライトボーナスマイル還元 ポイント移行無料

 

クレジット機能がついたお得なカードです。29歳までの人がお得に利用できるので、社会人1年生のファーストカードとしてもおすすめです。

ANA JCBカード ZERO

おすすめカード.2 ANA VISA Suicaカード

ふたつめは、ANA VISA Suicaカードです。このカードの主な特典などは以下となります。

カード詳細 内容
年会費 初年度年会費無料
入会金 無料
クレジット機能 あり
その他特典 フライトボーナスマイル還元 Suica機能プラス

 

このカードの一番の魅力は、ANAマイレージカードでありながらSuicaとしても利用できる点です。

カードをたくさん持つのが面倒という人や、いろいろな手続きを簡単に済ませたいという人には、クレジットと電子マネノーの双方が備わったこのカードはとても便利です。ぜひ申し込んでみましょう。

ANA VISA Suicaカード

おすすめカード.3 楽天ANAマイレージクラブカード

みっつめは、楽天ANAマイレージクラブカードです。このカードの主な特典などは以下となります。

カード詳細 内容
年会費 無料
入会金 無料
クレジット機能 あり
その他特典 Rポイントとマイル同時加算 ポイント移行無料

 

このカード最大の魅力は、何といってもカードを利用することでマイルもRポイントも双方のポイントを貯められるうえ、ポイント移行も簡単に行えるということです。

本来なら面倒なポイント移行作業もこのカードがあれば自動的に移行されるので、楽天を利用してよく買い物をする方にはおすすめの1枚と言えるでしょう。

楽天ANAマイレージクラブカード

 

ANAマイレージカードを作成する方法

それでは、実際にANAマイレージカードを作成するための手順をご紹介しましょう。

ANAマイレージカードには、クレジット機能が付加されていないものと付加されているのの2種類があります。

ここではこれら2種類それぞれの作成方法をご紹介したいと思います。

クレジット機能なし!無料で作成する方法

まずはクレジット機能がないカードの作成方法です。主な手順は以下となります。

  1. ANAマイレージクラブのサイトをオープンする
  2. ANAマイレージクラブ→新規入会→クレジット機能なしを選択する
  3. ANAマイレージクラブ会員登録のページで必要事項を入力する
  4. 内容を確認し登録して完了
  5.  

こちらはクレジット機能がないので、早くて10日ほどでANAマイレージカードが手元に届きます。

クレジット機能あり!お得なカードを作成する方法

次はクレジット機能があるカードの作成方法です。主な手順は以下となります。

  1. ANAマイレージクラブのサイトをオープンする
  2. クレジット・電子マネー機能付きを選択する
  3. 好みのカードを選択しカードの申し込みページで必要事項を入力する
  4. 内容を確認し登録して完了
  5.  

こちらは、クレジット機能があります。申し込み後審査などがあり、その後本登録となる書類などが届くので、2週間以上の時間が要されます。

審査などについては、カードも仕込み専用のページであらかじめ確認しましょう。

ANAマイレージカードを使って上手に旅をしよう!

ANAマイレージカードを使って上手に旅をしよう!-h2
出典元:PhotoAC

ANAマイレージカードは、マイルを貯めることができるうえ、お得にマイルを利用することができます。

またクレジット機能が付いたANAマイレージカードを利用することで、もっとお得にマイルを貯めることができます。

ぜひ今回紹介したことを参考に、ぜひあなたも>ANAマイレージカードを利用してみましょう。

記事内の情報は2019/12/19時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST