ヤフオクアプリのメリットや出品方法、最新クーポンまとめ

2020/01/06

ヤフオクアプリのメリットや出品方法、最新クーポンまとめ-アイキャッチ.jpg

ヤフオクはブラウザ版のイメージが根強いですが、実はアプリの使い勝手が非常に良いのです。

ヤフオクアプリでしか利用できないクーポンもあり、ヤフオクユーザーであればインストールしておきたいところ。

しかし、メリットを抑えていなければヤフオクアプリをインストールする意味もありません。

そこで当記事では、ヤフオクアプリのメリットを徹底解説していきます。

他にも、ヤフオクアプリから出品する方法や、2019年最新のクーポン情報についてもご紹介していますので、ヤフオク好きの方はぜひ参考にしてください。

ヤフオクアプリとは?

ヤフオクアプリとは?-h2.jpg
出典元:123RF

ヤフオクアプリとは、ブラウザ版のヤフオクをそのままアプリとして利用できるツールです。

出品中商品の検索はもちろんのこと、入札や出品、落札者との取引など、基本的な操作を全てアプリ上で行うことができます。

ヤフオクアプリは非常に便利なツールですので、「ヤフオクユーザーはインストールすべき!」と言いたいところですが、「これ以上アプリが増えるのは嫌!」という方もいることでしょう。

ヤフオクアプリは本当にインストールすべきなのでしょうか。

ここでは、ヤフオクアプリのメリット・デメリットについてご紹介していきますので、ご自身の環境に当てはめて判断されてください。

ヤフオクアプリのメリット

大前提として、ヤフオクアプリを利用できるのはスマホユーザーのみです。スマホを持っていない方は、ブラウザ版のヤフオクを利用しましょう。

ここでは、ヤフオクアプリのメリットについて解説していきます。

①どこにいても入札や出品ができる

ヤフオクアプリは、スマホゲームをする感覚でオークションを楽しむことができます

それも、ネット環境さえ整っていれば、時間や場所を問わず好きな場所で利用できるのです。

例えば、通勤中の電車内やお昼休憩、女性の方であれば半身浴をしながらなど、どんな場所にいてもヤフオクを使うことができるは大きなメリットだといえるでしょう。

しかも、ヤフオクアプリはブラウザ版ヤフオクの全ての機能が使えるため、入札や出品、商品検索など容易に行うことができるのです。

ただ、ヤフオクで出品される方にとって、出品ページのデザイン性について気になることでしょう。

実は、ヤフオクアプリでもhtmlコードを使った出品ページの作成ができるのです。

スマホ対応のhtmlを新規作成できるサイトもありますし、テイストを変えたくないという場合は、1度パソコンからオリジナルの出品ページを作成し、ヤフオクアプリからコードをコピーしてスマホに保存するのがおすすめです。

②スマホにヤフオクの通知が届く

ブラウザ版のヤフオクは、商品の落札時や出品中の入札時などにメールが届くシステムとなっています。

メールでの通知はリアルタイムに行われてはいますが、それでも若干のタイムロスが生じることもあるのです。

一方、ヤフオクアプリの場合は即座に通知が届く上に、通知コメントに対しフリック操作を加えるのみでヤフオクアプリを開くこともできます。

「ヤフオクからの通知メールが多くて整理するのが面倒くさい…」という方にも、ヤフオクアプリはおすすめだといえるでしょう。

③ヤフオクアプリにしかないクーポンが使える

ヤフオクアプリがリリースされる前までは、ヤフオクのキャンペーンページに掲載されたクーポンをそのまま使うことができました。

ただ、ヤフオクアプリがリリースされて以降は、ブラウザ版ヤフオクでクーポンコードを利用することはできません。

③ヤフオクアプリにしかないクーポンが使える-h4.png
出典元:ヤフオク

このように、ブラウザ版のヤフオクには『お得なキャンペーン』と題したクーポン情報が掲載されていますが、バナーをクリックしてみると、ヤフオクアプリのインストールを促される画面が表示されるのです。

従って、ヤフオクをお得に利用したい方は、ヤフオクアプリのインストールがおすすめとなります。

更に、ブラウザ版のヤフオクには掲載されていないクーポンコードも発行されていますので、気になる方は実際にインストールしてクーポン情報をチェックしてみてください。

ヤフオクのメリット・デメリット

ヤフオクアプリのメリットやデメリットについて解説してきましたが、「メルカリがあるのにヤフオクを使う理由が分からない!」という方もいます。

ここでは、アプリを含めたヤフオクのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

メリット①圧倒的なユーザー数

モバオクやセルカなど、ネットオークションサイトは数多く存在しますが、ヤフオクのスマホユーザーは約1,609万人(2018年6月時点)と言われています。

これは、約1,751万人のユーザー数を誇るメルカリと2大勢力であり、常にネットオークション界のトップを走り続けているのです。

「あれ?ヤフオクよりメルカリの方が利用者数が多いね!」と思われた方もいることでしょう。

『個人間取引』という意味合いで両者は同じなものの、メルカリはオークションサイトではなくフリマサイトです。

一方で、ヤフオクはオークションとフリマ機能の2つを持ち合わせています。

メルカリはオークション形式での出品が違反ですので、より支出を抑えて商品を手に入れられる可能性が高いのはヤフオクといえるでしょう。

では、ユーザー数が与える影響はどうなのでしょうか。

ユーザー数が増えれば増えるほど、落札者だけでなく出品者も増えます。

商品検索に要す時間も増えてしまいますが、より質が高く価格の安いコスパの良い商品を見つけ出せることにも繋がるため、初めてオークションサイトを使うのであれば、ヤフオクがおすすめです。

デメリット①手数料が高い

ヤフオクのメリットを挙げましたが、どんなに優良なサービスでもデメリットというのは必ずついて回ります。

まず1つ目のデメリットは、『手数料の高さ』です。

メルカリは販売手数料が一律10%なのに対し、ヤフオクの手数料は事細かく分けられています。

ヤフオクの手数料一覧

・プレミアム会員の落札手数料…8.8%
・プレミアム非会員の落札手数料…10%
・その他サービス利用料

『その他サービス利用料』には、特定の配送方法を選択した場合に発生する『配送サービス手数料』を始め、出品情報を取り消した際に発生する『出品取り消しシステム手数料』、出品時にPR表示させたいときに利用する『注目のオークション』などが当てはまります。

もちろん、その他サービス利用料に属すサービスを一切利用せずにヤフオクを使うこともできますが、人によっては手数料が仇となる可能性も生じているのです。

ヤフオクの手数料についてもう少し詳しく知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてください。

デメリット②トラブルに繋がりやすい

ヤフオクに限らず、オークションサイトやフリマサイトなどの個人間取引サイトでは、取引相手とのトラブルに発展してしまう可能性が否めません。

例えば出品者視点の場合、商品を発送したにも関わらず、落札者からの入金連絡が届かないこともあります。

流れとしては、

  1. 落札確定
  2. 落札者による入金
  3. 出品者による商品の発送
  4. 商品の受取
  5. 落札者による受取連絡

上記ステップ完遂後、落札者に商品代金等が入金される仕組みとなっています。

しかし、落札者が商品を受け取ったにも関わらず、一向に受取連絡をしない可能性もあるのです。

仮払いから14日経過後に自動入金される仕組みではありますが、長期間受取連絡がないと不安な気持ちになるのも確かです。

余計な心配を掛けたくない場合は、落札者の評価などを確認するのがおすすめです。

一方、落札者視点で見てもトラブルに発展する可能性があります。

例えば、商品代金を支払ったのに商品を発送してもらえないこと。取引ナビを使って出品者に連絡できますが、お金を支払ってしまった以上、不安な気持ちに駆られるものです。

ただ、支払いから8日経過しても商品が発送されないときは、12日以内にヤフオクの運営へ報告することで返金されます。
※返金以来をした場合、商品を受け取ることはできません

返金対応期間(落札から12日)を過ぎてしまうと、仮払いしたお金が自動入金扱いとなってしまうため、『12日』という期間を忘れないようご注意ください。

ヤフオクアプリの出品方法

ヤフオクアプリの出品方法-h2.jpg
出典元:ぱくたそ

ヤフオクアプリのメリット・デメリットを把握した上で利用を検討されている方は、この機会に出品方法について抑えておきましょう。

ヤフオクアプリは完全無料で利用できます。ここでは、ヤフオクアプリでの出品方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

出品手順は4ステップ!

ヤフオクアプリでは、たった4ステップで出品が完了します。ここでは、画像付きで解説していきますので、1つ1つ確認しながら作業を進めてください。

①『出品』をタップ

①『出品』をタップ-h4.png
出典元:ヤフオクアプリ

こちらはヤフオクアプリのトップページです。出品をする際は、カメラマークのついた『出品』をタップしましょう。

②商品情報の入力

②商品情報の入力-h4.png
出典元:ヤフオクアプリ

ヤフオクアプリでは、出品前に落札価格の相場を調べることができます。出品価格は入札数に大いに関係してくるため、具体的な金額を調べたい方は検索窓より出品商品を検索してみてください。

また、ヤフオク以外にも落札価格や出品価格の相場を調べる方法があります。便利なサイトとして知られる『オークファン』について気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

出品価格が確定して出品作業に移る方は、カメラマークのついた『出品』をタップしましょう。

②商品情報の入力2-h4.png
出典元:ヤフオクアプリ

商品画像や商品情報を入力する画面が表示されました。

上から商品画像、商品名、カテゴリ、商品の状態、商品説明を入力していきます。

商品カテゴリにお悩みの方は、落札価格を調べる際に確認しておくのがおすすめです。

③配送情報の入力

③配送情報の入力-h4.png
出典元:ヤフオクアプリ

ヤフオクアプリは、入力が完了した欄について緑のチェックマークが表示されます。

一方で、未入力の箇所はグレーのチェックマークが表示されていますので、未入力ヶ所の確認として把握しておきましょう。

また、『終了日時』については、出品時間から24時間以降で選択できます。例えば、12月24日22時に出品する場合は、12月25日の22時以降しか終了日時を選択できないということです。

『30分オークション』は、ヤフオク上級者向けの出品方法であるため、当記事では割愛します。

配送情報は出品価格の設定などが済んだら、『プレビューで確認する』をタップしましょう。

④出品ボタンをタップ!

④出品ボタンをタップ!-h45.png
出典元:ヤフオクアプリ

ご自身で入力した出品ページのプレビュー確認を終えたら、ガイドラインや利用規約を確認した上で、『出品する』をタップしましょう。

これにて、ヤフオクアプリでの出品作業は完了となります。基本的に作業内容は画面を確認すれば理解できるものとなっているため、1つ1つ確認しながら出品作業を進めてください。

ヤフオクアプリの最新クーポンまとめ

ヤフオクアプリの最新クーポンまとめ-h2.jpg
出典元:ぱくたそ

ヤフオクはアプリへの移行を促しており、ブラウザ版のヤフオクで使えるクーポンが限られています。

そのため、せっかくヤフオクアプリを使うのであればクーポンの使い方について抑えておきましょう。

ここでは、2019年12月の最新クーポンについてご紹介していきます。

『5のつく日キャンペーン』

①『5のつく日キャンペーン』-h4.png
出典元:ヤフオク

毎月5のつく日(5日・15日・25日)は、出品価格の5%オフで落札できるクーポンを利用できます。

100円以上の商品が対象で、最大割引額は1,000円まで。Yahoo!かんたん決済利用時のみ使えるクーポンですが、1年中続いていますので、5のつく日にぜひご利用ください。

クーポンの使い方

クーポンページにアクセス後、『クーポンを獲得する』をタップしてください。その後、欲しい商品の落札が確定すると、支払いの際にクーポンを使うことができます。

クーポンは5のつく日にしか獲得することができないため、あらかじめご注意ください。

【公式】クーポンページ

クーポンを使って落札した際に、選んだ商品を間違えてしまうケースも中にはあります。

ヤフオクで落札後のキャンセルが可能なのか気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

ヤフオク初心者はIDの取得から始めよう!

ヤフオク初心者はIDの取得から始めよう!-h2.jpg
出典元:ぱくたそ

ヤフオクアプリのメリットや出品方法、最新クーポンについてご紹介してきましたが、ヤフオクの利用には『Yahoo!JAPAN ID』が必要不可欠です。

メールアドレスやパスワードなど、必要事項がたくさんあるため、ヤフオクを使ったことがない方は、こちらの記事を参考にIDの取得作業から始めていきましょう。

記事内の情報は2019/12/25時点のものです。

関連記事一覧RELATED POST LIST