メルカリ初心者必見!購入も出品もまとめて解説

2019/11/01

メルカリ初心者必見!購入も出品もまとめて解説-アイキャッチ

「使わなくなったものをメルカリで販売したい」「中古のものでも結構売れるらしいし、挑戦したい」そんなメルカリ初心者の方のために、メルカリの始め方を解説していきます。

メルカリ初心者がまずやるべきことはこれ!

メルカリ初心者必見!購入も出品もまとめて解説-h2
出典元:123RF

メルカリアプリをインストールしたものの、商品の写真を撮ったり説明文を書いたりと、出品までの道のりが長すぎて二の足を踏んでいる方もいるでしょう。初心者の方は、まず出品前に必要なプロセスをこなすことで、商品の登録が楽になり、出品のハードルがぐんと下がります。

基本システムを理解する

まずは、メルカリの基本システムを理解することが大切です。出品されたものを購入するというシンプルな流れではありますが、個人間の取引サービスのため細かいルールが多々あります。メルカリを使い始める前に、公式ガイドをしっかり読んでおくことをお勧めします。
また、取引が始まると相手はこちらがメルカリのシステムを理解しているものとして接してきます。この時に知らないことが多すぎると、スムーズに取引が進まないこともあるので、まずは基本的なルールを公式ガイドから学びましょう。

プロフィールを充実させる

出品初心者の方は、商品ページに力を入れる傾向にあります。しかし、実際取引でよく見られるのはプロフィールページです。丁寧で相手の信頼を得られる文章を意識して、人となりを理解してもらうことで取引がスムーズになるのはもちろん、商品も売れやすくなります。
プロフィールには、語りかけるような挨拶、コメント返信の頻度や発送までの日数など、相手が知りたがることが予想できる項目をあらかじめ記載しておくのがお勧めです。

メルカリ購入初心者はチェック!

メルカリ初心者必見!購入も出品もまとめて解説-h2
出典元:123RF

メルカリでは、様々な商品が定価よりお得に販売されています。しかし、個人との取引には注意しなければならないポイントがいくつかあります。

送料負担はどちら持ち?

メルカリでは、出品時に送料を『購入者負担』にするか『出品者負担』かを選択できます。そのため購入するときは、送料をどちらが払う商品なのかを把握した上で取引する必要があります。送料が出品者負担であれば、すでに商品の価格に上乗せされた状態で出品されており、スムーズです。
もし、送料が購入者負担である場合は、出品者に配送方法や発送地域を問い合わせるなどの確認作業をしましょう。送料を理解しないで購入してしまうと、予算よりもかなり高額になってしまうこともあります。

いきなり購入OKか確認

例えば、商品ページを残したまま、一つの商品ページで複数のものを売りたいと考えている出品者もいます。その場合、商品を購入してしまうと、出品ページは取引済として使用できなくなってしまいます。すると、出品者は新たな出品ページを作り直す必要があるので、嫌がられる傾向にあります。
初心者の方にはわかりにくいシステムですが、そのような商品には必ず出品ページに『即購入はご遠慮ください』などの表記がされています。もし、即購入がNGの商品を購入したい場合は、メッセージ機能を使って問い合わせるのがマナーです。

【メルカリ】いきなり購入は失礼?

受取評価は早めに!

メルカリは、購入者が商品の受け取りを確認して初めて、出品者に入金されるシステムです。そのため、購入後に『受取評価』の処理を忘れてしまうと、出品者はなかなか売り上げを受け取ることができなくなります。稀に、受取評価が遅れたという理由で低評価をされてしまうことがあるので、商品が届いたら、早めに受取評価をすることをお勧めします。

メルカリ出品初心者はチェック!

メルカリ初心者必見!購入も出品もまとめて解説-h2
出典元:123RF

『フリマ自体出品が初めて』という方には、特にメルカリは高いハードルに感じるかもしれません。しかし、メルカリには独自の発送サービスや出品テンプレートが用意されているので、一度覚えてしまえば簡単に出品することができるようになります。

商品の写真はなるべくたくさん!

フリマにおいての『商品写真』は、とても大切な要素です。綺麗に撮る方法について情報をまとめたコラムなどがあふれていますが、メルカリの場合は写真の質よりも写真の枚数を多くした方が売れやすくなります。個人宅で保管されていた商品の状態は、誰でも気になるものです。そんなとき、綺麗に加工された1枚の写真よりも、あらゆる角度から撮られた鮮明な写真が複数枚ある方が安心感を得られます。
「写真が下手だから」という方は特に、購入者がきになるであろう部分の写真など、痒い所に手が届く写真を投稿することをお勧めします。

言われるままに値下げしない

メルカリに出品していると、当然のように『値下げ交渉』をされることがあります。これは、メルカリの規定上問題ない行為で、認められています。しかし、値下げを断るのも、もちろん自由です。初心者の方は購入してもらいたいがために、言われるままに値下げに応じてしまう傾向にあります。そして、値下げを要求する側も、それを知って交渉してきていることもあるのです。
もし、値下げ交渉に応じる場合は、自分の中で最低売却価格をきちんと決めておくことが大切です。

出品商品の相場価格をチェック

自分にとっては必要のないものだから、とあまりにも安い値段で出品してしまうと損をしてしまうことがあります。まず、出品したい商品があったら、メルカリないの商品カテゴリをチェックするようにしましょう。商品状態や商品の需要によって、価格は大きく変動します。メルカリ内での相場を理解して『少しだけ安い値段で出品する』『状態がいいので相場より少し高くする』など目安として活用するのがおすすめです。

メルカリ出品についてもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

梱包をマスターして適切な送料に

フリマ初心者の方の場合、商品を梱包するのも慣れない作業でしょう。破損を心配して、ぐるぐる巻きで発送しようとすると送料が上がってしまうこともあります。かといってあまりにもて薄い梱包では、相手に不安を与え、評価に影響することもあります。適切な梱包におすすめなのが『緩衝材』の利用です。俗にいう『プチプチ』ですが、これで商品を包んで、ダンボール箱を使って梱包するのが一番安心です。このとき、なるべくダンボールの大きさは商品に近いものを選び、箱と商品の隙間を緩衝材で埋めましょう。配送中に、箱の中で商品が動くのを防ぐことができます。

メルカリとヤマト運輸が提携した『らくらくメルカリ便』『ゆうゆうメルカリ便』は、集荷サービスやコンビニ集荷システムがあり、かつ宛名書きなどの手間がなく便利です。ぜひ活用することをお勧めします。

【公式】らくらくメルカリ便

【公式】ゆうゆうメルカリ便

記事内の情報は2019/10/28時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST