カフェの求人に応募したい!求められている人や志望動機とは?

2019/12/03

カフェの求人に応募したい!求められている人や志望動機とは?

学生の求人として常に人気のカフェバイト。就いてみたいと思いませんか?

特に重要なのは求める目的や志望動機です。面接でしっかりとした志望動機を話すことができれば、憧れの職場で働ける可能性はグンッと上がりますよ。

志望動機によっては「カフェの仕事に向いていない」ことや「働いても楽しくない」ということにもなるので、しっかりと考えておきたいですね。

今回はカフェの仕事、目的、おすすめの志望動機について紹介します。

カフェの仕事とは?

引用:PhotoAC

・キッチン担当とホール担当がある

カフェの仕事は、大きく分けてキッチン担当とホール担当があります。

キッチン担当は、厨房でフードの調理、盛り付け、皿洗いなど担当します。食事の提供全般を行うため、作業の慣れが重要です。

あまり人とコミュニケーションをとる必要がない担当場所なので、仕事を正確に素早く行える人材が向いています。

ホール担当は接客、食事の配膳、レジ打ち、清掃などを担当します。実際にお客さまに接する機会が多く、コミュニケーション能力を重視されます。

お客さまにとってはお店の雰囲気、印象を決める大きな要素になるので雇用の際は「この人はどんな人か」「お店の空気にマッチするか」を重視されます。

 学生の求人ではホール担当の募集が多いです。キッチン担当ほど専門技術も必要ないので、働きやすく募集もかけやすいためです。

カフェの仕事 給与・仕事内容

面接官が店員に求めるものとは?

引用:PhotoAC

実際の面接ではその人の人柄、能力を見られます。

カフェ求人の面接で重視されるところについて、解説します。

・親しみやすい笑顔ができる人

ホール担当では親しみやすさ、接客されて嬉しい人が求められています。

特に笑顔がステキな人はお店にとっても高評価です。

美人やイケてる人である必要はありません。

カフェの接客で大事なのは、お客さまが不安や居心地の悪さを感じないことです。好印象を持たれるために、いつでも自然な笑顔をできる人がカフェの仕事に向いています。

・コミュニケーション能力が優れている人

職場ではチームで仕事をするので、コミュニケーション能力が求められています。

お客さまに対するコミュニケーションはもちろん、仲間との連絡、協力ができる人が向いています。

学生生活の中で「チームで何かの目標に共に頑張った」「リームワークをよく行う」人なら、未経験の職場でもうまく対応できるでしょう。面接でもその点をアピールすると良いです。

・忙しい時間を楽しむことができる人

カフェでの仕事は忙しくなりがちです。

朝からディナータイム終了まで、仕事が途切れないことも多く、何もしないヒマな時間が珍しい職場です。

そのため、忙しい時間を楽しめる人ならより向いているといえます。

忙しさを楽しさに変えられれば、仕事へのやりがいが生まれます。結果的に充実感を得る、仕事への態度が評価されて昇給というメリットも現れます。向いている人ならより「カフェで働いてよかった」と感じれるでしょう。

仕事を楽しめる人は?

・落ち着きが感じられる人

仕事を正確に行う能力はもちろん、お店全体の動きを見て動ける人が求められます。

職場は店員の数を必要最低限で回さなければいけないため、勝手な行動やミスでお店がパンクしてしまいます。チームワークを重視する職場のため、落ち着いて「お店が忙しい時は自分が何をすれば良いか」考えられる人が向いています。

面接でも、そのような能力を試すような質問があるので、落ち着いて対応できると良いです。もちろん、完璧な対応を求めているわけではないため、あなたなりの回答を冷静に伝えるように努めましょう。

・清潔感がある人

食品を扱う職場なので、清潔感がとても大事です。

不潔な身なりはNGです。お店の雰囲気に合わない、長髪・派手なメイク・ヘアカラー・ネイルなども印象が悪いため避けましょう。服のしわ、清潔な身支度で面接に臨むよう努めると良いです。

もちろん職場によってこれは大丈夫というものもあります。そのため、常識的範囲内で質問しても良いでしょう。

・土日祝の出勤が可能な人

カフェの求人ではより出勤可能な人が評価されます。「土日祝出金できます」という人はかなり歓迎されます。

求人では「週1日からOK」と言っていても、実際は多くシフトに入れる方がお店としては助かります。

そのため、どんな日程も働ける人はお店が人手不足なら採用される可能性がさらに高まるといえるでしょう。

カフェ求人に応募する際に使える志望動機とは?

引用:PhotoAC

カフェ求人の応募時に実際に使える志望動機をまとめました。

カフェ店員としてふさわしいスキルをもっていることをアピールする

最も大事なのは自分がカフェ店員として魅力的なスキルを持っている点をアピールすることです。

お店側にとっては「この人を採用したらどんな利益があるのか」を重視しています。そのため、明確に自分の特徴、カフェの仕事で役立つ点を伝えます。

「学生としてチームで目標に取り組んだ」「実際に接客経験がある」「笑顔で人と話すのが得意」という人は、実際のカフェ求人でアピールしやすいでしょう。

また、キッチン担当志望なら「料理が得意」「調理のスキルに自信ある」という直球の動機が良いです。

全体を見渡して気遣いができることをアピールする

チームワーク、役割分担で仕事ができる点をアピールしていきましょう。

「過去にチームのリーダーとして、チーム全体の動きを考えながら取り組んだ」「作業や課題ができていない人を探して、悩みを解決した」というような、全体を見渡して悪い点を改善したような経験をアピールすればお店が求める人材と見られるでしょう。

将来は自分でお店を持ちたいという考えを伝える

 面接では、仕事に対しての意欲をアピールするようにしましょう。

特にお店が学生に求める姿勢は「この職場で学んだ経験をどう将来に活かすか」という点です。

学生はいずれ就職などで去っていく人材なので、短期的にはより意欲にあふれる人が好まれます。仕事のモチベーションが高い人ほど、良い仕事内容を期待できるためです。

「この職場で学んだことを、夢に役立てたい」というポジティブな動機はもちろん、「将来は自分のお店を持ちたい」という目標を語る人はかなり好印象です。

カフェ求人 志望動機例文

まとめ

カフェ求人では志望動機をより魅力的に語りましょう。

そのためには自分の長所のアピールや、「カフェに向いている人」と思われることが大事です。

カフェ求人は多く存在しますが、人気も高いです。自分が向いているか、働ける人材としてしっかり評価されるかをぜひ考えてみましょう。

この記事で紹介した点を意識すれば、きっと希望の職場で働けますよ。

落ち着いた雰囲気の職場、より興味がある人は!↓

記事の情報は2019/11/23時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST