カープのチケット転売は違法?法に触れない転売方法を紹介

2019/12/11

カープのチケット転売は違法?法に触れない転売方法を紹介-アイキャッチ

いまや女性からも大人気のカープ。
チケットの売り上げも順調ですが、その裏では転売問題なども起きているようです。

今回はそんなカープチケットの転売事情と、合法的に入手(購入)する方法についてまとめました。
カープファンの方、野球観戦が趣味の方はぜひご一読ください。

そもそもチケット転売は違法なのか

そもそもチケット転売は違法なのか-h2
出典元:フリー素材ぱくたそ

いままで各市町村により条例違反とされていたチケット転売。
ダフ屋行為とも呼ばれ問題にはなるものの、法律違反となっていたわけではありませんでした。

ところが、転売が原因で相場を無視した高額なチケット売買が増加。
本当に欲しい人が買えなくなってしまったり、不当な利益を受けたりする人が増えたため厳しく取り締まることとなったのです。

その結果、2019年6月14日よりチケット不正転売禁止法が施工されました。

不正転売とは

チケット不正転売禁止法が施工されたとはいえ、チケット売買のすべてが禁止されたわけではありません。
法律に抵触するのは、不正転売と見なされた場合のみです。

では不正転売とはなにかというと、収益を得ることを目的として購入したチケットを購入時の価格よりも高く他者に売る行為のことを指します。

自分が観戦しようと思ってチケットを買ったにも関わらず、当日に外せない予定が入ってしまい行けなくなってしまったために他者に同額もしくは安い価格で譲る。
こうした場合には、収益目的での転売ではないため不正転売にはあたりません。

不正転売についてさらに詳しく知りたい方は、下記のページもご覧ください。

カープチケットの人気

カープチケットの人気-h2
出典元:123RF

これまで野球といえば男性のスポーツ、というイメージが強くありました。
そんなイメージを払拭したのが、カープ女子の存在。

試合の見ごたえ、赤という女性受けの良いチームカラーなどにより多くの女性ファンを獲得したカープは今や人気球団のひとつとなっています。

その一方で、チームの人気上昇に目をつけて転売目的で購入する転売屋も増加。
昨今の転売事情から、カープ公式でも試合観戦契約約款の第4条にてチケット転売を禁止を定めています。

カープ|観戦契約約款

転売問題が垣間見えるトラブル

カープのチケット転売については、関心を持っている方も多いようです。

こちらのツイートはチケット不正転売禁止法制定前のものですが、窓口で大量購入した人がいたという内容について呟かれています。

なんと、チケット偽造までした人が現れたとのこと。
調べてみると、2019年3月31日に福山市職員の男性が偽造チケットを保育士の女性に売り、スタジアム職員が偽装に気がついたことで発覚した事件(偽造有価証券行使の疑い)がありました。

このように、カープに人気が出たことで良いことだけでなく悪いことまでも増えてしまったのは残念なことですね。

カープチケットの入手方法

カープチケットの入手方法-h2
出典元:123RF

以上のように、カープのチケットを違法に販売しようとしている人も存在します。
こうした販売者からは購入しないことも、転売を抑止するうえで大切なこと。
購入希望者は、必ず正規の方法で入手するようにしましょう。

「当日のスタジアムでは売り切ればかりで、なかなかチケットが買えない」
という方は、以下に紹介するチケット購入サイトがおすすめです。

広島東洋カープ公式サイト

広島東洋カープ公式サイト-h3
出典元:広島東洋カープ

カープの公式サイトでは空席情報や料金情報のほか、特典付きチケットの購入も可能です。

ホームページ、FAX、コンビニなどさまざまな申込方法についても掲載されているので確認してみてくださいね。

広島東洋カープ公式

チケットストリート

チケットストリート-h3
出典元:チケットストリート

すでに売り切れてしまったチケットを探したいのなら、チケットストリートがおすすめ。
こちらはチケットを売りたい人と買いたい人を結ぶ、チケット売買仲介サイトとなっています。

こちらから購入したチケットは転売扱いにはならないので、安心して利用することができますよ。

チケットストリート

チケット流通センター

チケット流通センター-h3
出典元:チケット流通センター

チケット流通センターも、チケットストリート同じくチケット売買の仲介を行っています。
チケットが届かない場合の全額返金や売り手の本人確認義務など、安全に取引するための下地がしっかりしているサイト。
ネットでチケットの売買をしたことがないという方も、安心して利用できるのではないでしょうか。

チケット流通センター

違法にならない転売とは

違法にならない転売とは-h2
出典元:Pixabay

チケットの転売は禁止されていますが、転売という行為自体は違法ではありません。
扱う商品や正しい売買の方法であれば、転売も立派なビジネスとなります。

もしも転売ビジネスに興味がある方は、ぜひ下記のページもご一読ください。

記事内の情報は2019/11/27時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST