メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座

2019/12/30

メルカリの登録手順を解説初心者のためのメルカリ講座-アイキャッチ

メルカリは、多くのユーザーが集まっていることから商品の数がとても豊富です。また、利用者が多いからこそ「こんなものもメルカリで買えるの」「こんなものでも売れるんだ」と、今までにはない販売・購入ルートとして人気を集めています。まだ、メルカリに登録したことがないという方も、ぜひ一度のぞいてみてはいかがでしょうか。もしかしたら掘り出し物が見つかるかもしれません。

メルカリとは?

メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座
出典元:写真AC

メルカリとは、簡単に表現すると、ネット上で行われるフリーマーケットサービスです。出品者は使わないものを出品し、それを欲しいと感じた人が購入するという、とてもシンプルなシステムです。安心できるポイントとして、金銭のやりとりの仲介に、メルカリの運営が携わることがあげられます。仲介システムがあることで、安全、確実に商品と売上金を交換することができます。例えば、個人サイトやオークションなどでは、振込金を預かってくれるシステムはありません。そのため、取引中に不安を感じたり、時には詐欺に合うケースもありえます。メルカリでは、取引中のトラブルに運営が対応するほか、発送方法もパターン化されていて混乱しににく、初心者でもガイドを読んで簡単に挑戦することができます。

メルカリを利用するメリット

  • 出品商品の数が多い
  • 利用ユーザーが多いので売れやすい
  • 配送保障や売上金の預かりシステムがある
  •  

数あるフリマアプリの中で、利用者数が最多であるメルカリは、商品の数、購入者の数が他のフリマサイトよりも圧倒的に多いと言えます。そのため、メルカリで欲しい商品を検索すると、様々な状態の複数の商品がヒットする場合がほとんどです。購入者はその中から、状態や価格、送料を吟味して、一番条件の良いものを選ぶことができます。もし出品する場合でも、タイトルや紹介文に正しくキーワードを含めて出品すれば、たくさんのユーザーからの閲覧数を獲得することができます。ユーザーの多さゆえ「出来るだけ早く売ってしまいたい」という場合を除いて、じっくり時間をかけて出品すれば、必ず誰かしらが購入してくれるというのも、メルカリならではのメリットです。
また、配送中の事故や紛失への保障がついた発送方法を選択できるなど、メルカリ独自のサポートシステムが、年々充実してきています。『個人取引』と聞くと、心配になる方もいるかもしれませんが、バックアップ付きのメルカリであれば、初心者でも安心して始めることができるでしょう。

メルカリを利用する注意点

  • 値引き交渉などのやり取りが必要
  • マナーを守らない取引相手であることもある
  • 手数料がかかる
  •  

メルカリでは、出品者には年齢制限が設けられていますが、購入者の中には未成年の学生が多くいます。一般的に、オークション慣れしている学生という方は少なく、未成年はネット上での売買の経験は浅いことがほとんどです。未成年のユーザに限らず、発送や支払いの期日を守るなど「このくらい当たり前でしょ」というマナーを知らない方もメルカリにはいます。
例えば、値引きの交渉についても同じことが言えるでしょう。一部のユーザーから出品者の利益、梱包資材や送料を加味しない値下げを要求されることも、稀にあります。メルカリは、個人取引のマッチングサービスであるとも言えます。メルカリの取引がスムーズに行われるかどうかは、お互いのモラルにかかっています。取引前に、相手のプロフィールをしっかり読み『どういう取引相手なのか』想像しながらやり取りをすることをお勧めします。
登録の前にメルカリユーザーのマナーやモラルについて、もっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

メルカリ会員登録の手順

メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座
出典元:写真AC

続いて、メルカリの始め方、会員登録をするまでの流れを解説していきます。Web版のメルカリもありますが、アプリ版に比べて使える機能が少ないというデメリットがあります。Web版のメルカリは、出品の際に複数のウィンドウを開いて作業できたりと、併用する分にはとても便利です。会員登録はブラウザからも行えますが、雰囲気を掴むためにはまず、アプリを使うのが良いでしょう。

メルカリアプリをインストール

メルカリのアプリをインストールします。もし購入や出品などの取引を行わなければ、この段階で商品を眺めて楽しむこともできます。これから出品に挑戦したいと考えている方は、まずなんとなく商品を検索してみたり、メルカリの雰囲気がわかるまで閲覧してみるのがオススメです。

登録方法を選択する

メルカリの登録方法は3種類あります。『Facebook』『Google』『メールアドレス』の3パターンで、いずれかのアカウントで登録すると、既存のアカウントの名前や生年月日を引き継ぐことができます。もし、メルカリをSNSに紐付けたくない方は、メールアドレスで登録するのが良いでしょう。その場合、ログインパスワードを忘れないようにしっかりと控えておくことをお勧めします。

招待コードを持っている方は活用しよう

もし、新規会員登録の際に『招待コード』を持っている場合、入力するのはこのタイミングです。ここで入力しないと、会員登録の後から招待コードを使うことはできないので、注意が必要です。

友達招待って何?

友達招待による招待コードを利用すると、コードをシェアしてくれた友達と、新規会員登録者、それぞれに300〜500円分のメルカリポイントが付与されます。獲得ポイントはキャンペーンなどにより変動することがあります。付与されたポイントを換金することはできませんが、メルカリには500円以下の商品もたくさん出品されているため、お得に買い物をすることができます。

電話番号認証

メルカリ登録の際に『個人認証』の役割を果たしているのが、電話番号認証です。登録時にアプリ画面に電話番号を入力すると、スマホにショートメッセージが届きます。

電話番号認証って何?

メルカリでは、アカウントを複数持つことは規定で禁止されており、電話番号でも重複登録を厳しく管理しています。つまり、電話番号認証が導入されていることで、ひとつの端末からはひとつのアカウントしか認められないということになります。その上、メルカリではメールアドレス、登録住所、氏名などにも重複がないか、さらに細かくチェックされています。例えば、何台かスマホを持っている方も『メルカリアカウントはひとりひとつのみ』と覚えておきましょう。悪意ある重複アカウントは、発覚した場合アカウントの無限停止処分にされることもあるので、十分な注意が必要です。

メルカリはクレカ利用がおすすめ

メルカリでは商品を購入した場合、支払い方法に応じて100円前後の決済手数料がかかります。しかし、クレジットカード決済であれば支払い手数料はかからずお得です。しかし、クレジットカード決済を利用するには、事前にアカウントにクレジットカードの情報を登録する必要があり、個人情報の流出が起きないか、不安に感じる方もいるでしょう。もし「どうしても不安」という方は、楽天カードなどの年会費がかからないクレジットーカードを『メルカリ専用』にしてしまうのが良いでしょう。クレジットカードは、出品時の売り上げの受取先にも利用できるので、一石二鳥です。カード情報を登録すれば、メルカリでの出品・購入どちらも利用できるようになります。会員登録の際に、同時に済ませてしまうのがオススメです。
年会費無料のクレジットカードについては、こちらの比較ページをぜひ参考にしてください。

【価格.com】クレカ比較

まずは登録せずにアプリを使える

メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座
出典元:写真AC

さて、メルカリの会員登録の方法をお伝えしてきましたが、会員登録をしなくてもメルカリの雰囲気を見ることは可能です。閲覧した商品に、お気に入りを意味する『いいね』をつけたり、購入・出品することはできませんが、ウィンドーショッピングのように商品を見ることは、会員登録前でも可能です。例えば、出品者のプロフィールや、気になる商品についたコメントなども登録なしで閲覧することができるので、メルカリの雰囲気を十分に知ることができるはずです。

複数のメルカリアカウントを持てる?

メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座
出典元:写真AC

電話番号認証の章でも前述しましたが、メルカリのアカウントは『ひとりひとつまで』と、決められています。これは、メルカリの大量出品や不正評価を防いだり、キャンペーンを乱用されないように定められた規約でもあります。メルカリのアカウントは、電話番号認証の他にも、アカウント情報の一致などで管理されています。例えば、ルールをすり抜けて、アカウントを複数持つことができても、他のユーザーから通報されてバレてしまう場合がほとんどなのだそうです。もし、複数アカウントが発覚した場合、アカウントの無期限停止はもちろん、かつて悪質なユーザーが逮捕されたこともあります。さらに、過去には換金前の売上金を没収された例もあります。今度も厳しい処罰が予想できます。登録は一度きりにして、ルールに沿ってメルカリを利用するのが得策と言えるでしょう。

登録内容が間違ってる!変更したい場合は?

メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座
出典元:写真AC

メルカリに登録した後で『住所や電話番号などが少し違っていた』と気づいた場合、早急に住所訂正の対処をするようにしましょう。メルカリでは、一度アカウントに登録した住所を利用して、取引相手と『匿名取引』をする場面が多くあります。匿名取引の際は、取引ページに住所は表示されず、自分でも情報が間違ってることを忘れたまま取引をしてしまうことがあります。
もし、購入者の登録内容が間違っていた場合、出品者の住所が発送商品に記載されていれば、出品者に返送されます。しかし万が一、出品者が住所を知られることを嫌って、商品に記載しなかった場合、荷物は受け取り先がなく迷子になってしまいます。
匿名配送により、住所をいちいち入力したり、相手に伝えなくて良いのはメルカリの最大のメリットでもありますが、その分住所変更を忘れがちになる傾向があるので注意が必要です。
登録住所は『マイページ』の『個人情報設定』から、確認することができます。同様のページで登録住所を編集することもできるので、不安な方は購入の前に一度確認すると良いでしょう。

メルカリの登録解除の方法

メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座
出典元:写真AC

メルカリの退会システムは少し特殊で『退会=アカウント削除』という意味合いになります。つまり、アカウント内に取引中の商品がある場合は、キャンセル処理や発送処理などを済ませ、取引を最後まで終えていないと退会することはできません。また、振り込み申請中も、アカウントは削除することができないので注意が必要です。つまり、すべてのアクションが完了していないとメルカリを退会することはできません。
メルカリの登録解除は、ホーム画面右上のハンバーガーバーから『お問い合わせ』『退会したい』『退会申請』の手順で行うことができます。

メルカリは再登録できる?

メルカリを一度退会したあとで、過去のアカウントを復活させることは可能です。その場合、メルカリアプリをアンインストールしていなければ、ログイン画面から復活させることができます。しかし、一度退会してもう一度まっさらな新しいアカウントを作ることは不可能です。これも、一度強制退会させた悪質なユーザーや、「取引相手とトラブルが起きたからやり直したい」という動機での再登録ができないようにという、メルカリ運営による配慮です。ちなみに、以前のアカウントを復活させた場合、前のアカウントの評価もそのまま引き継ぐことになります。「悪い評価がついたから、退会してやり直そう」という手段を使うことができません。理不尽な評価がつくと、やり直したくなる気持ちも起きるかもしれません。しかし、評価の返信などできちんと対応することで、低評価を逆手にとるくらいの気持ちで向き合うと良いでしょう。

登録についての問い合わせはこちら

メルカリの登録手順を解説|初心者のためのメルカリ講座
出典元:写真AC

「いつまでたっても運営から返信がこない」と訴えているメルカリ登録希望の方を、SNSなどでよく見かけます。多くの場合、問い合わせ先に誤りがあるようです。メルカリ登録の不具合はもちろん、メルカリ取引中のトラブルは、早急に解決したい問題です。登録する時点で正しい問い合わせ先を知り、利用中いざという時にすぐ連絡できるようにしておくのが良いでしょう。メルカリでは、電話での問い合わせに対応していないので、すぐに経験者からの回答が欲しい場合は、気軽に他のユーザーに質問できる『メルカリボックス』を活用するのもひとつの方法です。

【公式】メルカリボックス

記事内の情報は2019/12/18時点のものです。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST