仕事を辞めたい!円満な退職をするために意識したいこと

2019/03/28

誰もが一度は「会社を辞めたい」と考えることがあります。そして実際に退職に踏み切る人も最近では珍しくなくなりました。多くの人が「仕事を辞めたい」と思う理由と、円満な退職方法をご紹介します。

仕事を辞めたい理由ランキングBEST5

多くの人が「仕事を辞めたい」と思う理由のランキングです。ランキングの4位以外は会社への不満です。

1位.「給料に不満がある」

もっとも多くの人が、「会社での給料に不満がある場合辞めたくなる」と言います。お金は生活していく上で必要不可欠なものです。給料への不満は生活への不安につながります。もっといい給料の会社に転職したいと考える人は多いです。

2位.「職場の人間関係がよくない」

パワハラやセクハラなどが理由で、会社を辞めたいと思う人もいます。ハラスメントとまではいかずとも、嫌いな人が隣に座っているということも人間にとってはかなりのストレスです。職場の人間関係を理由に会社を辞めたいと思う人も少なくありません。

3位.「休日日数や残業時間などの待遇に不満がある」

会社の待遇に不満があって辞めたいと思う人も多いです。休日日数が極端に少なかったり、残業時間が長すぎるなどの不満があると、多くの人は「会社を辞めようか」と考えるようになります。

4位.「仕事に対してやりがいを感じられない」

今の仕事に対してやりがいを感じられなくなった場合、人は「辞めたい」と感じるようになります。目の前の仕事に意味を見出せなくなってしまった状態です。辞めて新しい仕事を始めることで、刺激が得られるかもしれません。

5位.「会社に将来性を感じられない」

勤めている会社の経営状態に疑問を感じて「辞めたい」と思う人もいます。自分自身の成長のためであったり、生活のことを考えた場合将来性のない会社に止まるのはあまりいいことではありません。

多くの人が会社への不満が理由で退職を考える

上記のランキングを見ていると、会社への不満が原因で退職を考える人が目立ちます。会社での仕事は人生や生活そのものを左右するものです。

そのため会社に不満を抱えながら勤めることはかなりのストレスになってしまいます。会社に不満を感じ始めたら、仕事のことやこれから先の人生のことなどを一度見直してみましょう。

仕事を辞めたい本当の理由と円満に退職するための伝え方は?

「仕事を辞めたい」と思う理由は、人それぞれ様々なものがあるでしょう。けれども本当のことを正直に伝えてしまうと、円満な退職ができなくなる可能性があります。上手に退職する旨を伝えることで、後腐れのない退職を目指してください。

会社に伝える退職理由は本音じゃない?

正直なことはいいことですが、常に正直に本当のことを言うことが正しいことでもありません。退職したいと思う本当の理由があるからと言って、それをそのまま伝えると円満な退職ができなくなる恐れもあります。

本音と建て前を上手に使い分けるようにしなければなりません。仕事を辞めたい本当の理由を言うと相手が気を悪くしそうだと感じるのであれば、表現を工夫して退職する旨を伝えるようにしましょう。

相手を思いやった表現をすることで、円満な退職ができるようになります。

円満に退職するための辞めたい理由の伝え方

同じことでも、表現の仕方を変えるだけで相手に与える印象が大きく異なります。退職理由を伝えるときも、表現を工夫すれば嘘をつくことなく自分の意見を言うことができるでしょう。

自身の退職理由の表現する言葉を選んで、退職の意思を伝えるようにしてください。

人間関係が悪い→新しい環境で自分の力を試したい

苦手な人や嫌いな人が身の回りにいるのが辛くて退職したいと考える人も多いでしょう。けれども「人間関係が悪いので退職します」と言うのは、相手も気分がよくありません。

人間関係の悩みから退職を決意するのであれば、「新しい環境で自分の力を試したい」と言うようにしましょう。前向きな姿勢が評価され、後腐れなく退職できます。

残業が多い、休日が少ない→しばらく休養したい

会社の制度などに不満を持って退職を決意した場合、直接「残業や休日に不満がある」と言ってしまうと相手も嫌な顔をします。不満を伝えて退職すると、退職した後も監視されることもあります。

残業や休日日数に不満があって退職する場合は、「しばらく休養したい」などの理由を述べるようにしましょう。個人の都合で仕事を辞めるという表現にすることで、すっきりと退職できます。

どんなに会社の残業や休日日数に理不尽な思いをさせられていたとしても、退職理由でそれを言うのはあまりおすすめではありません。

仕事内容が合っていない→前から興味のあった業界にチャレンジしたい

仕事内容が自分に合っていないように感じて退職を決意する場合も、会社に不満があるような表現をするのはやめましょう。退職理由はあくまでもポジティブな表現にするよう心がけます。

「この会社ではやりたい仕事ができない」と言うよりも「別の会社でやりたい仕事をする」と言った方が前向きな印象を受けます。

どちらも言っていることは同じですが、表現の仕方次第で大きく変わるので、退職理由を伝えるときには意識するようにしましょう。

気まずくならない!退職の伝え方

無難に円満な退職をするための退職する意思の伝え方は意識するようにしましょう。退職理由や意思を伝えるタイミングについて考えることで、より退職がしやすくなります。

会社に伝える退職理由

退職する理由はポジティブなものにしましょう。どんなに会社に不満があり、理不尽な扱いを受けてきたとしても、ポジティブな表現をすることで円満な退職ができるようになります。

「サービス残業や休日出勤が嫌です」と言われると、嫌な顔をする経営者はとても多いです。

どんなに本音では会社に不満を持っていても「やりたいことをこれからはやっていこうと思います」などのポジティブな表現を心がけることをおすすめします。

伝える時期

退職する意思を伝える時期にも気を配るようにしましょう。引き継ぎなどが滞りなく行えるよう配慮をすることで、円満な退職ができます。

会社によって退職届けを出す最適な時期は異なりますが、遅くとも2週間前を目安に退職届を出すようにしましょう。

誰から?退職を伝える順番

まずは信頼できる直属の上司に、退職の意思を伝えることをおすすめします。人づてに退職することが会社内に広がってしまうと、後腐れの原因になってしまうためです。

変に噂が拡散しないよう、退職の意思を会社に伝えるときには注意をしましょう。お世話になった人にはきちんと挨拶をするようにすると、より円満な退職ができるようになります。

転職活動について

転職活動はあまりおおっぴらにやらない方がいいでしょう。あからさまに会社から出て行く態度を見せられると、周囲から反感を買います。

面接など転職活動で会社を休まなければならない場合は正直に言うよりも、上手に嘘をついた方が相手の気持ちを逆撫でせずに済みます。あまり正直になりすぎず、上手に建前を使えるようになりましょう。

不満があっても退職理由の表現は工夫しよう

どんなに不満があって会社を辞める決意をしたのだとしても、退職理由を伝える際には表現を工夫しましょう。本音をそのまま伝えるのではなく、上手に建て前を使うようにしてください。

退職理由の伝え方を工夫することで、人と揉めることなく、円満な退職ができるようになります。

 

 

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST