副業は会社にバレるのか!なぜバレてしまう?

2019/05/08

副業は会社にバレるのか!なぜバレてしまう?-アイキャッチ

近年、副業が加速しており、会社側が副業を許可してくれるところも存在します。そんな副業をやりたいと思う方は結構います。理由としては、働き方改革で残業が減り、他の仕事に充てることができる時間が増えたのと、収入格差でもう少し働いて稼ぎたい!と思う方が増えてきたのが実情でしょう。

ではなぜ副業はバレてしまうのか。そんな方々にこのページでは詳しく紹介をしたいと思います。

こちらも参考にしてください。

副業がバレる理由とバレないための対処法

副業は会社にバレる?

副業は会社にバレる?

社員は会社と結んだ雇用契約に従い、規定された勤務時間内は労務に服する義務を遵守する必要があります。しかし実は、就業規則などによって社員の副業を禁じることは、法律上触れられていません。

※法律では22条第1項で「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転および職業選択の自由を有する」と「公共の福祉に反しない限り」という条件つきで「職業選択の自由」を保障しています。

ただ、副業の禁止如何にかかわらず、ダブルワークが本業の職場にバレてしまうと「本業が疎かになっていると思われるのではないか?」「仕事の評価に何かしら悪影響があるのではないか?」と思ってしまうのが現実です。

副業はしてはいけないの?

先ほども触れましたが、法律上は問題ありません。しかし、会社の規則や契約上禁止している場合がありますが、その場合は当然副業はしてはいけないことになります。ただし、公務員は公務員法で副業が明確に禁止されています。

副業が会社にバレるとどうなる?

副業がバレたときにはどんなリスクがあるのでしょう?
副業の多くは、就業後や土日に行われるものです。単純に労働時間が増えるため、遅刻や欠勤など、本業に何かしらの支障が出る可能性もあります。そういったときに、同僚や上司に「副業をしている」とバレた場合、「本業がおろそかになっている」と良い印象は与えないでしょう。

勤務態度が著しく悪くなる場合や、副業のせいで機密漏洩をするなどした場合、大きなペナルティが課される可能性もあります。

ズバリ!副業は会社に絶対バレるの?

実際にバレることが判明するのは

・ウワサや横のつながりで会社に知られる

・税金(住民税)

・自ら公言する

といった具合でしょうか。

特に横のつながりとは、副業が本業と同じ業種で更に、副業の取引先会社が本業の会社と競合、取引先だとバレる可能性はあります。当然そのような方はいないと思いますが、横のつながりは危険でしょう。

そして、自ら公言するはありえないと思いますが、飲み会や同僚に「他に収入得てるからここは奢るよ!」なんてエゴで伝えてしまったり、お酒が入りつい口が滑ってしまってバレてしまうなんてこともあります。

ただし、いずれも注意すれば問題はありませんがひとつだけはどうしようもないことがあります。それが税金(住民税)です。

住民税は本来納付する際は2パターン存在します。「普通徴収」と「特別徴収」です。前年の所得税で住民税が決まりますが、普通徴収はその住民税を自ら払うという納付方法です。特別徴収は、会社が毎月給料から天引きされます。誰にも分からないように副業をしても会社に知られてしまうのは、副業に対して課税される住民税が会社に連絡が行くからです。給与の額が去年と大きく変わらないのに住民税が大幅に上昇していたら、会社はその社員に副業やその他理由で収入があったと知られてしまい副業を疑われます。

なぜバレる?理由は?副業が会社にバレる仕組みと対策3つ

なぜバレる?理由は?副業が会社にバレる仕組みと対策3つ

1.確定申告

確定申告でなぜバレる?

平成30年からは年末調整において「給与所得者の配偶者控除等申告書」から副業がバレる可能性が出てきておりますので、この部分への対応も必要です。
なお、副業がサイドビジネスの場合において、赤字申告で確定申告することにより会社にばれることがあります。副業は事業所得か雑所得に区分されるわけですが、事業所得と区分された場合、副業の赤字は給与所得と相殺され、住民税の金額を大きく下げてしまうことがあるためです。

対策

結論から言えば、自分で対策は不可能です。

対策をしたい場合は、税理士に依頼を頼むしかありません。副業に対しての税金対策を相談することは可能です。そして対処をしてくれます。しかし、当然料金が発生してしまい、せっかく副業で稼いだ収入を減らしてしまいます。

2.住民税

住民税でなぜバレる?

先ほどもお伝えした通り、特別徴収でバレることがあります。普段から普通徴収の会社の場合はバレませんが、ほとんどは特別徴収で天引き対応されていますから、当然バレます。

対策

対策としては、普通徴収に切り替えたいと会社に伝えるしかありません。しかし当然理由を聞かれます。そしてその理由は、普通であればまともな理由を述べることは難しいでしょう。

3.そもそも副業選びに注意!

会社にばれてしまいやすい副業の種類と理由

・会社員や接客業、建設業、PRやイベント系スタッフです。副業にアルバイトやパートなど給与所得を得る仕事を選んだ場合は、会社にバレやすくなります。また、人目につきやすい仕事の場合、同僚や知人などに見られることでバレるケースもあるでしょう。

会社バレしない副業とは

バレにくい副業は、在宅ワークや転売、アフィリエイトでしょうか。いずれも人目につかず匿名で取引先と業務ができます。アフィリエイトやネットオークションなどで得る報酬は、雑所得に該当します。雑所得は、給与所得など、ほかの所得と合計して総所得とみなされます。しかし、住民税を普通徴収とした場合、税金は本業の給与所得とは分けて納められるため、税金の額から会社にバレるという問題は起こりにくいでしょう。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST