サラリーマン向け!稼げる副業おすすめランキングBEST7

2019/02/28

「サラリーマンで副業で稼げるものが知りたい!」という人のために、今回は、サラリーマンでがっつり稼ぎたい人におすすめな副業をランキング形式で紹介します。

サラリーマン向け!稼げる副業おすすめランキングBEST7

まずはサラリーマンにぴったりの、稼げる副業のベスト7を紹介します。

7位.隙間時間しかないほど忙しい人に!「ポイントサイト・アンケートサイト」

「副業はしたいけれど時間がそんなに取れない」
そんな人におすすめなのが、ポイントサイトやアンケートサイトです。

月に1万円も稼げればよい方ですが、場所を選ばずスマホさえあればどこでもはじめることができるのがメリットです。

6位.オリンピックに向けておすすめ「民泊」

オリンピックが開催される東京で特におすすめなのが、民泊のホストになることです。

Airbnbをはじめとしたさまざまな民泊サイトがあるため、うまく活用すれば利益を上げることができるでしょう。
内装を工夫するなどサービスを工夫して評価を上げることで、たくさんの人から利用されるようになります。

5位.ハンドメイドなど手作業のものが人気「販売」

近年ではネット販売へのハードルが下がっているため、何か自分で作ったものを販売するのも選択肢のひとつになります。

ハンドメイドのアクセサリーやグッズをつくって自分だけの付加価値をつけることができれば、販売で利益を上げることができます。
この場合、接客業やネット通販の経験があると、ノウハウを活かせるためおすすめです。

4位.地道なリサーチが得意なあなたにおすすめ「転売・せどり」

「販売はしたいけれど、特別な何かを作るスキルはない」という人におすすめなのが転売です。

世の中にはさまざまなジャンルのお店があり、中には相場よりも明らかに安く販売されているものも。
そうしたものを安く購入し高く売却することで、利益を上げることができます。

「地道なリサーチが得意」という人にぴったりの業種です。

3位.ライティングやSEOスキルを身につけられる「クラウドソーシング」

「地に足つけて仕事がしたい、けれど何か自分で何かできる仕事はない」という人は、クラウドソーシングでライティングをはじめてみてはいかがでしょうか。

パソコンがあれば作業可能ですし、サラリーマンでも夜の時間を使えば十分に作業時間を確保できます。

2位.不労所得を得たい人に「アフィリエイト」

不労所得を得たい人におすすめなのが、アフィリエイトです。

アフィリエイトは一度、Googleの検索上位に載せることができれば、安定して収入を得ることができ、毎月10万円稼いでいる、なんて人もいます。

SEOやライティングの能力を、クラウドソーシングで鍛えてからはじめるのがおすすめです。

1位.リスクがないものもある「資産運用」

しっかり稼ぎたい人におすすめなのが、資産運用です。
資産運用と言うとリスクがあるようなイメージがありますが、ある程度リスクを抑えて運用できるものもあります。

資産運用の方法によりますが、短期トレードをするのでなければ、作業時間もほとんど不要です。

稼げるおすすめの副業を仕事別に徹底解説!

続いて、副業の種類や収入の目安、必要な準備や資格などについて、詳しくご紹介していきます。

ポイントサイト・アンケートサイト

収入

収入は一つのサイトにつき1円〜。内容によって金額は変わります。
もっと収入を得たい場合には、友人紹介などをすると効率的な収益化が可能です。

必要な準備・資格

必要な資格や準備は特にありません。スマホがあれば、はじめられます。

メリット・デメリット

メリットは、はじめるまでのハードルが低く時間がない人でも稼げることです。
デメリットとしては、大きな収入を得るには友人紹介を活用する必要がありややハードルが高い点です。

「忙しいけれど副業で稼ぎたい!」と言う人におすすめです。

民泊

収入

1泊3,000円〜。そこから作業や備品などの経費を引いた金額が売り上げになります。

必要な準備・資格

民泊をするには、許可または届出が必要になります。また、建物が適法かどうかについても、きちんと調べておく必要があります。

*民泊の許可・届出については以下の記事が参考になります

https://www.freee.co.jp/kb/kb-vacation-rentals/vacation_rental_permission/

メリット・デメリット

民泊サイトに登録し、ある程度人気が出れば安定した収入が期待できるのがメリットです。
デメリットとしては管理する手間がかかったり、トラブルが発生する可能性があることがあります。

転売・せどり

収入

転売・せどりでの収入は、1万円程度稼いでいる人が多いようです。
中には月収100万円を稼いでいる人もいるため、稼げる可能性は十分にあります。

必要な準備・資格

せどりや転売に特に資格は必要ありません。ただし、情報を集める努力は必要になるでしょう。

メリット・デメリット

せどり・転売は特にスキルがなくても情報収拾ができればできるため、ハードルが低いことがメリットです。
とはいえ、しっかり稼ごうとすると、業種や商品をしっかり研究する必要があります

クラウドソーシング

収入

クラウドソーシングではかける時間にもよりますが、副業でも月に1万円程度を稼ぐことができます。
実績を積んで、評価が上がってくるとより単価がよいものを受けられ、報酬もぐっと上がります。

必要な準備・資格

クラウドソーシングで必要な資格は特にありません。ただし、SEOやライティングのスキルは求められます。またパソコンとネット環境は最低限必要です。

メリット・デメリット

クラウドソーシングは初心者でも受けられるため、はじめやすく、評価が上がれば単価も上がってくるのが魅力です。ただし、中には単価が安いものもあり、仕事の内容をしっかりと見極める必要があります。

アフィリエイト

収入

アフィリエイトは、月1万円ほど稼いでいる人が多いようです。中には月収100万円を超える人も。

必要な準備・資格

アフィリエイトに特別な資格は必要ありませんが、パソコンとネット環境は最低限必要です。また、ライティングの技術やSEOの知識も欠かせません。

メリット・デメリット

アフィリエイトの収入は不労所得として考えられる点、高収入が可能な点が挙げられます。
ただし、SEOの成果が出せないと収入がほぼなくなる可能性もあることがデメリットです。

資産運用

収入

資産運用の収入はその元手によって変わります。ときには赤字になってしまうことも。

必要な準備・資格

資産運用は特に資格は必要ありません。
ただし、資産運用で利益を出すには元手が必要なため、ある程度お金に余裕がないと難しいでしょう。

メリット・デメリット

資産運用は大きなリターンを得られる可能性があることです。元手があればあるほどローリスクで十分な収益を出すことができるでしょう。
投資する内容によっては赤字になる可能性もあるため、投資銘柄の選定は注意しなければいけません。

サラリーマンが稼ぐ方法はたくさんある!

今回はサラリーマンにおすすめな副業について具体的に紹介しました。サラリーマンが稼ぐ可能性がある副業としては、意外とたくさんあります。

自分の能力や適正に合った副業をはじめることで、しっかりと稼げる可能性があります。この機会にぜひ副業をはじめてみてはいかがでしょうか。

関連タグRELATED TAG

関連記事一覧RELATED POST LIST